資料請求

資料請求

よくある質問

質問する

お問い合わせ

お問い合わせ

3PL・物流アウトソーシングなら鈴与  
輸送から倉庫保管、倉庫内オペレーション、国際物流までワンストップ対応

HOME>新着情報一覧

年末年始のお問い合わせにつきまして

平素は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。

年末年始休業期間につきまして下記の通りご案内いたします。

休業期間中はご対応できず、ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、

何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

【年末年始休業期間】

2021年12月25日(土) ~ 2022年1月3日(月)

 

年末年始期間中もお問合せフォームでのお問い合せを受け付けております。

1月4日以降、順次ご返答させていただきますので、通常よりご返信までに

お時間をいただく場合がございますが、あらかじめご容赦いただけますようお願い申し上げます。

バイオディーゼル燃料使用によるトライアル運行を実施しました

 

 

鈴与のグループ会社である株式会社鈴与カーゴネットにて、脱炭素、SDGs等のグリーン物流への取り組みの一環として、バイオディーゼル燃料使用によるトライアル運行を実施しました。

 

 

■実施内容

9月24日 バイオディーゼル燃料の給油

9月27日~9月28日 関東~中京間でトライアル運行を実施

株式会社鈴与カーゴネット 静岡本社営業所内にて、ライオン社、モンデリーズ・ジャパン社などの定期運行に使用しているスワップボディ車に給油しました。

 

使用した燃料は、微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)と使用済み食用油を原料に使用し、
ユーグレナ社のバイオ燃料製造実証プラントで製造した次世代バイオディーゼル「サステオ」です。
「サステオ」は、燃料の燃焼段階ではCO2を排出しますが、原料が光合成によってCO2を吸収するため、
燃料を使用した際のCO2の排出量が実質的にはプラスマイナスゼロとなるカーボンニュートラル

実現に貢献すると期待されています。

 

上記のように環境に配慮したバイオディーゼル燃料を利用することで、
コスト・燃費・給油方法の確認を行い、実稼働に向けた検証を目的として実施いたしました。

今回のトライアル運行の結果(実運用の確認、燃料調達のルート確保、コスト試算等)を踏まえて、
燃費への影響・車両への適合性、今後の実用性を検証し、環境に優しい物流を目指してまいります。

 

 

 

「DBJ BCM格付」4回連続で最高ランクを取得しました

 

 

当社はこの度、株式会社日本政策投資銀行(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渡辺 一、以下「DBJ」)が実施する「DBJ BCM格付」融資※制度において、2021年8月に最高ランクの評価を取得しました。当社の「DBJ BCM格付」の最高ランク取得は、4回連続であり、東海地区の企業では初となります。

今回の審査では、以下の取組みが高く評価され、『防災及び事業継続への取り組みが特に優れている』と最高ランクの格付を取得するとともに、その評価に基づく融資を受けました。

 

 

3つの評価ポイント

・「鈴与グループ危機管理委員会」を通じて約 140 社のグループ企業を含めた防災及び事業継続の推進体制を構築するとともに、危機管理室による拠点巡回を通じてグループ全体の事業継続対策の底上げを図っている点

・危機発生時において多様な事業を展開するグループの総合力を発揮するため、各拠点にて衛星電話や MCA 無線などの連絡手段を複数確保するだけでなく、毎年複数回の通信に関する訓練を実施して、有事の情報共有の実効性を高めている点

・「清水港防災対策連絡協議会」を通じて行政機関や港湾関係企業との連携を強化しつつ、港湾機能の早期復旧のための「清水港みなと機能継続計画」の策定にも主体的に関与することで、国際拠点港湾である清水港の災害対応力の向上に貢献している点

 

 

当社および鈴与グループ各社は、今後も事業継続性の強化をはかるとともに、社会およびお客様との“共生(ともいき)”という理念のもと、大規模災害発生時の緊急支援物資の荷役・輸送体制の構築など、物流・商流等の各事業分野で、地域の皆さまの生活、お客様の事業活動を支えるインフラとして貢献できるよう努めていきます。

 

※「DBJ BCM格付」融資は、DBJが開発した独自の評価システムにより防災および事業継続への取り組みの優れた企業を評価・選定する「BCM格付」の専門手法を導入した、世界で初めての融資メニューです。

(BCM:事業継続マネジメント(Business Continuity Management))

1 2 3 4 5 6 12