資料請求

資料請求

よくある質問

質問する

お問い合わせ

お問い合わせ

3PL・物流アウトソーシングなら鈴与  
輸送から倉庫保管、倉庫内オペレーション、国際物流までワンストップ対応

HOME> » カテゴリー » 物流システム

倉庫管理に利用されているシステムとは?

2020.05.13

今回は、倉庫管理WMS(倉庫管理システム)について取り上げてみます。
普段オンラインで注文する商品や店舗で購入する商品の在庫の多くは、倉庫で管理されていますが、

『倉庫管理』とは実際にどういう作業が含まれるのでしょうか?

さらに、倉庫内での業務をシステム管理するために『WMSでは何ができるのか』

『WMSで管理するメリットはどのようなものがあるのか』について考えてみましょう。

 

1.倉庫管理とは?

倉庫管理とは、倉庫で行う業務全般を指しており、倉庫内での作業(荷役)だけでなく、

貨物の品質保全、情報処理、輸送の計画・管理、人員配置、設備管理などもあります。

さらに倉庫内に限っての在庫管理も倉庫管理に含まれます。主な業務として入荷と出荷があります。
入荷:倉庫内に到着した貨物を荷卸し、入荷された製品などと伝票との照合、検品、アイテム別に
仕分けをし、在庫として倉庫内の保管場所に格納されること
出荷:出荷指示のあった製品などを倉庫内の保管場所からピッキングし、検品、梱包、を経て商品が
倉庫外へ出されること
倉庫管理ではこれら倉庫内での業務をトータルで効率化することが重要です。
鈴与の高品質サービス

 

2.WMS(倉庫管理システム)ってなに?

WMS(Warehouse Management System)とは、原料や製品などが倉庫に入荷してから出荷するまでを

トータルに管理できるシステムです。このシステムの利用により、生産性の向上、出荷作業ミスの軽減、

作業の標準化、情報管理の精度向上などに繋げ、倉庫管理の効率化を図っています。
鈴与WMSの基本機能としては、入荷管理機能、在庫管理機能、出荷管理機能、

棚卸管理機能、納品書等帳票・ラベル発行機能など、多様な機能が備わっています。
サプライチェーンマネジメント(SCM)を推進する鈴与の物流システム

 

昨今では、インターネット通販の拡大により、物流サービスにおいて、

かつてないほど多くの「モノ」を扱うようになりました。

また、企業の合併や買収により、一つの倉庫で業種の異なる複数の製品の取扱いや

海外からの輸入品を取り扱うケースも増えてきました。倉庫にてこれらの多種・多様・多量な製品を

正確に効率よく管理することは倉庫スタッフにとっても負荷が大きく、また各人の能力によって対応できる

範囲も異なります。オペレーションミスを軽減しつつ、倉庫管理をより効率的に行う上で

WMSは必要不可欠なシステムであると言えます。

 

3.WMSの導入メリットとは?

WMS導により、以下の3つのメリットが挙げられます。
システム活用による迅速な対応
システムでの情報管理により、倉庫内で該当の荷物のある場所がすぐに検索でき分かるように

なっているため、在庫の有無、数量確認を迅速に行えるということがあります。
作業品質の向上
WMSでは、入庫日だけでなく、賞味期限・消費期限の古いものから出荷することも可能で、

製品の品質管理の効率化につながります。また、バーコードを用いてデジタルチェックを行うので、

人為的なミスを最小限に抑えることができ、入荷時の在庫計上ミス、誤出荷を防ぐことにもつながります。
業務の標準化
これまで倉庫内の入出荷作業や在庫管理の品質は、熟練した経験者の知識や指導能力に左右されていました。

 

しかし、WMSを導入することによりシステムがオペレーターの業務をサポートしてくれるため、

不慣れなスタッフでもスムーズに業務を遂行できます。また、荷主もリモートでリアルタイムに在庫状況などが

把握できるようになります。
このように、WMSを活用することで、倉庫内での業務効率化を図ることが可能です。

鈴与では共通の自社開発したWMSを使用して倉庫管理を行っている倉庫が日本全国、海外に所在しております。
鈴与の物流拠点

 

在庫管理や業務の効率化などでお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせフォームまたは、

お電話(03-6404-8989)にてお問い合わせください。 弊社サービスの詳しいご案内させていただきます。

 

▼関連ページ
3PLホームページ

高騰する物流コスト削減として有効な手段・ポイントとは!?

2019.08.02

先日のニュースで、

『2019年度の全国の最低賃金の目安が27円引き上げられ、時給901円になる』

『三大都市圏は28円上がり、これにより東京都と神奈川県は初めて1,000円を超える水準となる』

と最低賃金の話題が取り上げられていました。 (中央最低賃金審議会/厚生労働相の諮問機関)

 

物流業界においては、深刻な人手不足に呼応し、倉庫現場での作業コストの値上げにも影響がありそうです。

近年、社会的にも大きく取り上げられた宅配料金・路線料金の値上げによる配送コストの増加に加え、

賃金アップによる作業コストの増加で、さらなる物流コストの上昇に各企業様も課題を抱えているのではないでしょうか。

 

高騰する物流コストの抑制策として、物流において重要な位置づけを担う物流施設の立地について

検証されたことはありますでしょうか。一般的に物流費の約80%は『保管費+配送費』を占めていると言われており、

つまりは物流施設の立地によって、保管費用が大きく左右するのです。賃料比較や納品先分布の分析=

物流施設の最適立地を見直すことは有効な手段となります。

 

鈴与では自社で開発したオリジナルの『DCオプティマイザー』にて、鈴与が保有する全国120ヶ所以上の

倉庫ネットワークから貴社の最適な物流拠点をご提案させていただきます。

お客様の保管物量やお客様の納品先分布に合わせて、複数ヶ所で物流センターを構えることも可能となり、

BCP対策納品リードタイムの短縮にも繋がります。

 

鈴与の在庫管理システム(カーゴマスター)では複数拠点での在庫管理にも対応しておりますので、

在庫も一括管理でき、在庫管理におけるお客様の業務負荷軽減に繋がるようサポートいたします。

 

▼関連ページ

鈴与の物流拠点最適立地分析

鈴与の物流拠点

鈴与のシステム対応力

 

準備は進んでいますか?消費税改正と軽減税率制度への対応

2019.07.02

今回はいよいよあと3ヶ月に迫ってきた消費税増税、軽減税率制度の情報システムへの対応について取り上げてみたいと思います。

令和元年10月1日より、消費税及び地方消費税の税率が8%から10%に引き上げられます。

今回はこれまで幾度かあった消費税率の改正だけでなく、初めて軽減税率制度が導入されます。

これまでとは異なる準備が必要となり、皆さまも何を準備すればよいのかとお悩みかと思います。

では、具体的にどんな対応が必要になってくるのか?何をすればいいのか?ということについてみてみましょう。

 

まず、軽減税率(8%)の対象品目とは、

酒類、外食を除く飲食料品 (健康食品等も含まれます)

週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)

が対象となります。

 

飲食料品を取り扱う(販売する)事業者の方は以下対応が必要となります。

  • 税率ごとの商品管理
  • レジ・受発注システムの整備・改修
  • 請求書/納品書の記載事項の変更

 

上記の中で、「③請求書/納品書等の記載事項の変更」についてですが、軽減税率の対象であることが明らかになるよう、

「軽減税率対象」の表記を追加する、税率(10%・8%)ごとに区分して欄を分ける、用紙を分ける等用紙のフォーマットを工夫する。

私たちのお客様の中でも、すでに納品書表記のシステム改修に着手されたお客様も数多くいらっしゃいます。

もし、まだ準備を始めていないようでしたら、早めのご準備をご検討下さい。

鈴与グループである”鈴与システムテクノロジー ”が独自のWMS(庫内管理システム)を開発し、鈴与の各物流センターにおいてお客様のオペレーションを効率良く対応できるよう、ソフト面でも「情報」スペシャリスト集団がサポートしております。

当社のWMSは入出庫や加工における基本的な機能を持っており、各種ERPやECカート等外部システムとの連携も可能です。

▼関連ページ

鈴与の物流拠点

鈴与のシステム対応力

 

 

 

 

【システム紹介】システム導入!新しいピッキング手法

2018.06.13

 

鈴与の自社WMS(倉庫内管理システム)は正確で迅速な物流サービスを実現する為の基本機能が充実していると評価頂くことが多く、新しい機能も都度リリースされています。

 

そこで今回は、ファインワインセンターで新たに導入した「音声認識ピッキング」についてご紹介します。

 

音声認識ピッキングとは、ロケーションや商品名、数量などの必要な指示を帳票ではなく”音声”で作業者に提供し、作業者は作業結果を声に出して回答することで指示通りの作業が出来ているか照合する仕組みです。システムを導入することで、「ヒト(経験・言語)」を選ばない作業環境を作ることができます。また、アイズフリー・ハンズフリーで作業することができるので、重量物など両手作業が必要な商品(例:ワイン)の作業に向いています。

 

導入の効果 ①効率化による生産性向上

ペーパーレス化:

帳票を出す、手に持つ、見る、印をつけるなどの作業を省くことが出来ました。

 

“ながら“作業:

作業員は指示を聞きながら、移動しながら回答する、「ながら作業」により作業時間が短縮されました。

 

導入の効果 ②ピッキング精度の向上

作業標準化:

このシステムを導入する為、事務や作業フローを見直してすべての顧客の作業手順を統一しました。システムの指示通りに作業を行わないと次のステップに進めない仕様により、担当者が変わっても品質のバラつきがなくなりました。

 

▼音声に従ってピッキングエリアに移動している様子

 

現在は、ピッキングにのみ使用していますが、格納や棚卸など順次作業範囲を拡大していく予定です。

 

鈴与では多様な3PL運用実績により培ったノウハウで、お客様の物流課題を解決できるよう提案して参りますので、お困りごとがございましたら、HPお問い合わせフォームまたはお電話でお問い合わせください。

 

▼関連ページ

鈴与のワイン物流についてはこちら

 

【システム紹介】簿外品管理の業務負荷を軽減させる仕組み

2018.03.20

販促品・什器などの「簿外品」管理はどのようにされていますか?

営業部門や販促部門などロジスティクス部門が管理していないケースや、
基幹システムに入れられない等の理由で、エクセルで帳簿をつける等、
アナログ管理をされているお客様が多いようです。

ただ、アナログ管理だと社内に何がどれだけ在庫があるかわからない…
倉庫に眠っている在庫が実はある…
営業担当が電話やメールで出庫指示を出していて出荷履歴が把握できない…
なんてことはないでしょうか。

鈴与では、販促品・什器などの簿外品の在庫管理や出荷指示をWeb上で行うことができる
仕組みを構築しました。
鈴与WMSと連動したシステムなので倉庫の在庫がリアルタイムに反映され、Web画面で
お客様が直接出荷指示手配を行うこともできます。また、発注画面に商品の画像を表示
させたり、手配漏れを防ぐためのメール通知機能があったり、と便利な機能も備えています。

これまでメールやFAXに頼った出荷依頼をなくし、お客様の業務負荷を軽減すると共に今まで、
見えていなかった出荷依頼状況を一元管理する事が可能になります。

実際に利用いただいているご担当者様より、「販促品の在庫も見える化できて、また出庫先毎や、
営業担当毎に費用対効果を測定できるようになった」と嬉しいお声もいただいています。

 

▼関連ページ

鈴与の物流システムについてはこちら