資料請求

資料請求

よくある質問

質問する

お問い合わせ

お問い合わせ

3PL・物流アウトソーシングなら鈴与  
輸送から倉庫保管、倉庫内オペレーション、国際物流までワンストップ対応

HOME> » カテゴリー » 物流システム

今さら聞けない!DXって何?物流業界におけるDXの重要性

2021.08.30

最近よく目にしたり耳にしたりすることが多い“DX”という言葉。DXの正式名称や定義、何を意味しているのか、皆様ご存じですか?
このブログでは、DXの定義と注目されている背景、物流業界におけるDXの重要性と物流DXの取り組みについてご紹介します。

DXの定義と注目されている背景

DXとは「デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)」のことを指します。2018年9月に経済産業省が、『DXレポート~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~』という報告書を公開し、DXという言葉に注目が集まったとされています。

 

この報告書の提言をもとに取りまとめられた『デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するためのガイドライン』において、デジタルトランスフォーメーションの定義は「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」と定められています。

 

『DXレポート』では、日本企業がDXを実現していく上で現状の課題を克服できない場合、DXが実現できないだけでなく、2025年以降、最大12兆円/年の経済損失が生じる可能性もあると指摘されているのです(これを”2025年の崖”と呼んでいます)。この点に加え、昨今の新型コロナウイルス感染拡大の影響により、リモートワークの導入、オンラインでの商談など、働き方に大きな変化が求められることとなり、ますます企業におけるDX実現の必要性が高まっていると言えるでしょう。

 

物流業界におけるDXの重要性

最新の物流業界における課題として、以下大きく2つの点が挙げられます。

 

(1)物流分野における労働力不足
厚生労働省による「労働力経済動向調査」によると、労働者が”不足”する事業所の割合が多くなっており、人手不足が顕在化しています。

(2)新型コロナウイルス感染症の影響
新型コロナウイルス感染症の拡大により、行動の自粛が求められたことで、電子商取引(EC)で商品を購入する人が多くなり、EC市場が急成長しました。こうした点から”物流は生活の根幹を支える事業である”と物流の社会的価値が再認識された一方で、災害や感染症などの有事にあっても機能を維持できる物流の構築、さらには新しい生活様式に対応した、非接触・非対面型物流への転換が求められています。

 

こうした課題を解決するためには、物流の機械化・デジタル化を通じた、既存のオペレーション改善や働き方改革の実現が必要です。つまり、物流DXや物流標準化の推進による、経験やスキルの有無だけに頼らない物流の構築が重要視されていると言えます。

 

物流DXの取組み

では、物流DXの取組みは具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

 

①物流デジタル化の促進
これまでアナログでやっていた手続き等をデジタル化することにより、業務効率化、業務の標準化を実現することができます。例えば、以下のような取り組みが挙げられます。
・荷物とトラック・倉庫のマッチングシステムの活用による物流リソースの活用の最大化
・トラック予約システム導入による手待ち時間の削減
・AIを活用したオペレーションの効率化(AIによる配送ルート自動作成、等)

 

②労働力不足や非接触・非対面型の物流に資する自動化・機械化の取組の推進
人の手で行っていた作業を、ロボット等を導入して自動化・機械化することで、人手不足の解消、かつ非接触・非対面型の物流を構築できます。

・AGV(無人搬送車)や自動ピッキングシステムの導入による、庫内作業の自動化・機械化
・全自動包装機や段ボール加工機の導入による、梱包作業の自動化・機械化
・ドローンを活用した荷物の配送による配送作業の効率化

 

鈴与では、倉庫管理システム(WMS)だけでなく、リアルタイムに在庫情報が確認できる在庫・入出荷状況確認システムや、受注入力作業の負荷を軽減させるWEBオーダーシステムも保有しており、お客様の物流に関わる業務の効率化のご提案をしております。また、自動倉庫やデジタルアソートシステム、自動仕分け機といった機械を導入した実績もあり、鈴与では物流DXへの取組みを推進しております。
鈴与の取組みに関してご興味のある方はぜひお気軽にお問い合わせください

 

関連ブログ:受発注業務を効率化!WEBオーダーシステムとは?  

関連ブログ:【システム紹介】システム導入!新しいピッキング手法

▼鈴与のシステムについて

お客様の安心・安全をサポート !期限やロットの追跡管理はできていますか?

2020.09.01

皆さま「トレーサビリティ」という言葉をご存知ですか?

原産地の不正表示問題などの影響を受け、社会的にも浸透し始めた言葉ですが、最近は物流業界でも

この言葉が使われるようになっています。そこで物流業界におけるトレーサビリティの必要性や効果、

消費者側、企業側のメリットなどについて考えてみましょう。

 

物流業界のトレーサビリティってなに?

物流業界におけるトレーサビリティ(traceability)いつ、どこから、どこへ、いくつの商品が、

どのような状態で、どのようにして移動したかを明らかにし、追跡が可能な状態のことを言います。

普段、食品や日用品を購入する中で、製造番号、ロットナンバー、シリアルナンバーなどの情報が

商品の外装パッケージに印字されているのをよく見かけるかと思います。

従来は商品に伝票やラベルを貼りつけることで管理してきましたが、二次元コードや電子タグの技術の進歩により、

大容量の情報が管理できるようになりました。その結果以前にも増してトレーサビリティの確立を進めている

製造業者や物流業者が増えています。

日本語では「追跡可能性」とも呼ばれていますが、昨今では商品の品質維持・向上に加え、

安全意識の高まりからこのトレーサビリティの重要度が増しており、食品、化粧品、自動車部品、

電子機器等をはじめとした、多岐に渡る分野でトレーサビリティが浸透しています。

 

トレーサビリティはなぜ必要なの?

トレーサビリティが確立されていることで、製品に何かの不具合があっても製品がいつどこで

製造されたものなのかすぐに確認することができ、原料や部品等の使用実績も遡ることができるため、

原因の究明や再発防止に繋げることができます

必要に応じて同一ロットの商品回収を行う等、迅速な対応をとることができ、

消費者からのクレーム対応も円滑に行うことができます。

最近は小さなクレームで収まらず、商品の回収が発生することも珍しくなく、

その場合はこのトレーサビリティによって、同一ロットの商品回収を行っています。

近年では、製品に対する消費者の目はより厳しいものとなっており、

仮に対応が遅かったり不適切であったりすると、消費者や関係取引先の不信感を高めてしまい、

事業の存続が危ぶまれる可能性もあります。従って、商品の品質保証、顧客に対しての信頼性を

確保する上で欠かすことができない要素であることは間違いありません。

 

消費者側と企業側のメリットとは?

消費者側にとっては社会問題として話題となった「食の安全」に代表されるように、

商品を購入する際の安心感に繋がります。トレーサビリティは品質保証を担保するうえで重要な要素となるからです。

いつ、どこで、誰が生産・製造したのかが分かればメーカー側の対応も迅速になります。

いつまでも消費者が待たされ、損をするということが少なくなるのです。

また物流面に関しては、バーコードやICタグの管理により、貨物追跡サービスも可能となりました。

注文した商品がリアルタイムでどこにあり、どのような状態になっているのかが可視化されます。

注文した消費者にとってはいつごろ商品が届くのかが分かり、

いつ届くのか分からず家で待つということもなくなりました。

企業側のメリットとしてはまず、製品・商品に問題が発生した場合に、

問題の発生した箇所を速やかに特定し、有効な対策を行うことが可能となることが挙げられます。

リスク管理を行うことで、問題を最小限に留めることができ、

その分の時間や労力も削減できるため、コスト面でもメリットがあります。

また、データを逐次確認することにより、問題のある製品・商品の出荷を未然に防ぐことができます。

問題が起きた際に原因の細かい分析を行い、それに適した対応策をとることで

製品・商品の品質を向上させることもできます。その上、法令を遵守し、

安心・安全に配慮した企業としてイメージの向上を図ることができるというのも大きなメリットです。

 

鈴与の倉庫管理システム「Cargo Master」

鈴与では、独自で開発された倉庫管理システム「Cargo Master」によって、

ロット・期限・製造番号、シリアルNO.等、倉庫内での商品管理や入出荷実績の管理が可能です。

食品、化粧品、自動車部品等、様々な取扱商材実績があり、以下の対応が可能となっています。

・先入れ先出しは勿論、賞味期限や使用期限を鑑みた出荷期限の設定

・商品毎の受払履歴情報の管理

・出荷オーダーに紐づく商品の賞味期限、使用期限、ロット情報や送り状番号の追跡

・各種システムとの在庫情報、出荷実績の連携

 

また、このCargo Masterの情報をリアルタイムで閲覧できる

SIIS(Suzuyo Inventory Information System」をご利用頂くことで、

最新の在庫情報や受払情報をご確認頂けます。

インターネット環境があれば、場所や時間を選ばず、自由に確認ができるシステムとなっており、

SIISを自社の在庫管理システムの替わりとしてお使い頂くことが可能です。

 

鈴与SIIS

 

輸出・輸入対応されている方必見!業務面・マネジメント面を見直しませんか?

2020.07.21

輸出・輸入業務を担当されている方の中で

 

>> 皆さんはこんなことでお困りではありませんか?【オペレーション編】
1)関係者でタイムリーに同じ情報を共有したい
2)手配漏れや手配ミスを減らしたい
3)業務進捗、貨物トレース確認などの問い合わせ対応を減らしたい
4)書類の管理が大変
5)輸出入データの集計を楽にしたい

 

>> マネジメントされる方はこんな課題をお持ちではありませんか?【マネジメント編】
1)顧客に対する物流品質を向上させたい
2)各部門間での横串を刺す機能がない
3)残業時間を削減したい
4)物流改善を図りたい
5)全社の文書管理を見直したい

 

今回は、上記のような課題を持つ全てのお客様に対して、当社のLTS(Logistics Tracking System)を

活用することにより、業務・マネジメント両面の課題解決となるソリューションをご紹介していきます。

 

LTS(Logistics Tracking System)とは?
LTSは正式名称を「Logistics Tracking System」といい、輸出入の進捗管理ができるシステムです。
名称から輸出入をトレースするだけのシステムと思われるかもしれませんが、業務の進捗管理だけでなく、

関係者間のコミュニケーションツールや蓄積されたデータを抽出・分析をする機能も持っています。
このシステムをご活用いただくことで、「手配業務の可視化」「関係各社でのタイムリーな情報共有」
が可能となり、お客様にとって業務工数の削減物流品質の向上、つまりはコスト削減に繋がります。
それではこれらを実現させるLTSの8つのポイントについてご紹介していきます。

 

ポイント① 「お客様に応じた管理項目設定」により管理がスムーズに
通常のトレースシステムでは「B/L No.」や「コンテナNo.」をキーとして問い合わせするのが一般的ですが、
LTSは管理項目を自由に設定できるため、お客様のご要望に応じてカスタマイズし、業務の実態に沿った利用を

していただくことが可能です。

 

ポイント② 「webシステム」により関係社間での情報共有を実現
輸出入業務では社内外での関係先が連携しています。その関係社間での情報の共有や問い合わせ対応が多く、

担当者の方は苦労されていませんか?

LTSはWEB上での閲覧が可能なので、情報の一元管理が可能です。また、英語、中国語の多言語にも対応しています。

 

ポイント③ 「メール配信機能」によりタイムリーな進捗状況を共有
輸出入業務においては、関係者間の進捗確認でメールや電話でのやりとりが多く発生しています。

問い合わせの対応に時間を取られたり、連絡が漏れてしまったりなどのケースが発生していませんか?

LTSでは情報登録や更新時に更新内容を関係者に案内するメール配信機能があり、タイムリーに情報発信が可能です。

 

ポイント④ 「アラートメール配信機能」により手配漏れの防止や注意喚起が可能
フリータイムを超過するコンテナピックの手配が漏れてしまったことなどありませんか?
期限のある手配やチェックが必要な日程を忘れないために関係者に自動でメール配信ができる

アラートメール配信機能」もあります。

 

ポイント⑤ 「ファイル添付機能」により書類管理業務を効率化
輸出入業務では、物流会社や社内の担当部署と必要書類・写真をメール配信することが多く発生するかと思います。

LTSではこれらのデータをシステム内に保存することができますので、データ容量を気にすることなくアップロードでき、

過去の書類・写真もご確認いただけます。

 

ポイント⑥ 「検索機能」により見たい情報がピンポイントで抽出可能
業務担当ではないが、進捗確認などを行いたい場合など、自社管理のキー情報でデータ検索ができるので、

もっている情報で必要な情報にスムーズに辿り着くことができます。

過去情報を検索する際など、効率的にデータを見つけることができます。

 

ポイント⑦ 「データ抽出機能」によりデータ活用が可能
過去の出荷物量、物流費、関税などの分析を行いたいと思った際に、過去のデータ整理から始めたという

経験はありませんか?

LTSは管理項目を自由に設定できるので、分析を行う項目については、その項目を登録してデータを蓄積すれば、

必要なタイミングでそのデータをダウンロードして分析に活用することが可能です。

 

ポイント⑧ 北米における鉄道輸送の状況をタイムリーに情報共有
北米での内陸輸送では鉄道を使うことがありますが、港の混雑や天候等により船の遅延が発生し、

対策に困ってしまったことはありませんか?LTSは鉄道会社のトレースシステムとリンクしており、

状況をアップデートしているので、貨物の輸送状況に応じて適切な対応をとることが可能です。

 

これら8つの機能お客様に応じた課題にカスタマイズを重ねることで、輸出/輸入業務管理両面での課題を解決し、

コスト削減を実現していきます!

 

弊社ではグループ会社である“鈴与システムテクノロジー”とシステムの開発から導入まで一貫してサポートします。

お客様のニーズに合わせたソリューションをご提供させていただきますので、受発注業務に課題をお持ちの方、

LTS及び物流システムに興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせフォームまたは、お電話(03-6404-8989)にて

お問い合わせください。 弊社サービスの詳しいご案内させていただきます。

受発注業務を効率化!WEBオーダーシステムとは?

2020.06.15

受発注業務を担当されている方の中で

電話やFAXでの注文対応により、とりまとめに時間がかかっている

発注書や納品書の記載ミスや転記ミスが発生している

等、マニュアル管理による受発注業務の課題をお持ちの方はいらっしゃいますでしょうか。

そのような課題を解決する方法の一つとしてWEBオーダーシステムがあります。

今回はこれがどのようなシステムなのか、また弊社で展開しているWEBオーダーシステムについて

も合わせてご紹介したいと思います。

 

WEBオーダーシステムってなに?

WEBオーダーシステムとは、

商品管理や受注管理をWEB上で一括管理することができる受発注システム

のことです。業界や販売形態に合わせて、WEBオーダーシステムの種類は様々ありますが、

共通している主な機能としては以下の3つが挙げられます。

 

受注管理

ある注文を受けた時に、どの倉庫から、どの在庫を、どの納品先に、いつ納品するかといった情報

を管理する機能です。システム上に情報を集約することがで、タイムリーに情報を把握し、受注

漏れ等の人為的なミスを削減することができます。

在庫管理

倉庫での入荷と出荷の受け払い情報を同期させ、在庫情報をリアルタイムで把握できるよう

になります。正確な在庫情報を確認できることから、適正在庫数を超える受注を防止できます。

また、情報をWeb上で共有することで、在庫に関連した問い合わせを削減することができます。

請求管理

納品書や受領書のデータから締め日に合わせて請求書を発行し、お客様へ送付することが

できます。受注から納品後の請求までを電子化することによって、請求業務リードタイムを

短縮できるだけでなく、人為的ミスを削減できるのも大きな特徴です。

 

WEBオーダーシステムのメリットとは?

全体把握のしやすさ

販売先及び調達先が多数ある場合や複数の倉庫拠点がある場合、全体を一括管理するために

広く導入されています。先の納品日や特定の納品先の受注状況等も確認できるので、波動対応も

円滑に対応することができます。

業務効率化

商品の注文から発送までを一元的に管理することができるので、各在庫拠点の売上や確認書類、

在庫や手続きの状況などのさまざまなデータを、非常に簡単に把握できるようになり、

各所への問い合わせ負荷を軽減することができます。特に、販売先(納品先)及び調達先が多く、

受発注頻度、請求回収頻度が高い場合は、このシステムの導入によって、負荷を大きく軽減でき、

受発注者はコア業務に注力することができます。

人為的ミスの削減

ヒトの判断によって処理されていた商品の受注に関するトラブルを最小限にまで抑えることができます。

取引先の倉庫に必要となる商品の在庫がなかった場合でも、

遅れることなく別の倉庫から仕入れることができるようになります。

 

このように作業をシステムにより効率化していくことにより、

業務全体のスピードアップや必要な人件費の抑制など、さまざまなメリットを享受することができます。

 

WEBオーダーシステム導入の際の注意点

WEBオーダーシステムの導入にあたっては、以下のような納品先や仕入れ先への配慮や

余裕をもった移行プランの準備が必要です。

取引先には事前に十分な理解と同意を得られるような配慮をし、システムが導入できるネット環境を整えてもらうこと。

◆サーバーにトラブルが起こった場合の保守費用、そして運用していくためにかかる光熱費についても考えておくこと。

◆従来の方法から変えてしまうことで、パニックにならないようマニュアルや使いこなすための教育体制を準備しておくこと。

システム導入自体にも時間がかかることを考えると、

円滑に運用するためには余裕を持ったスケジュールを組まなければなりません。

 

鈴与のWEBオーダーシステム

このようにWEBオーダーシステムの導入によって、業務管理の効率化や品質向上に繋げることができることに加え、

人材確保などの負担も軽減が可能になると思われませんか。

鈴与では、お客様の要望に合わせたWEBオーダーシステムを提供しており、

鈴与のWMS(倉庫管理システム)と合わせてシステムを運用することで、相乗効果を期待できます。

WMSは倉庫での管理情報を把握できるものですが、WEBオーダーシステムと連携させることで

受注から商品の出荷までのリードタイムを短縮し、効率的にお客様の元へ商品をお届け致します。

また、販売情報とリンクした自動発注機能や商品や納品先に合わせて発注制御を行うこともでき、

お客様のご要望に合わせて柔軟にご対応させていただきます。

 

弊社では、システムの開発から導入まで一貫してサポートしているグループ会社“鈴与システムテクノロジー”がございます。

お客様のニーズに合わせたソリューションをご提供させていただきますので、受発注業務に課題をお持ちの方、

WEBオーダーシステム及び物流システムに興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせフォーム

または、お電話(03-6404-8989)にてお問い合わせください。 弊社サービスの詳しいご案内させていただきます。

 

▼関連ページ

鈴与の情報システム

【システム紹介】簿外品管理の業務負荷を軽減させる仕組み

倉庫管理に利用されているシステムとは?

2020.05.13

今回は、倉庫管理WMS(倉庫管理システム)について取り上げてみます。
普段オンラインで注文する商品や店舗で購入する商品の在庫の多くは、倉庫で管理されていますが、

『倉庫管理』とは実際にどういう作業が含まれるのでしょうか?

さらに、倉庫内での業務をシステム管理するために『WMSでは何ができるのか』

『WMSで管理するメリットはどのようなものがあるのか』について考えてみましょう。

 

1.倉庫管理とは?

倉庫管理とは、倉庫で行う業務全般を指しており、倉庫内での作業(荷役)だけでなく、

貨物の品質保全、情報処理、輸送の計画・管理、人員配置、設備管理などもあります。

さらに倉庫内に限っての在庫管理も倉庫管理に含まれます。主な業務として入荷と出荷があります。
入荷:倉庫内に到着した貨物を荷卸し、入荷された製品などと伝票との照合、検品、アイテム別に
仕分けをし、在庫として倉庫内の保管場所に格納されること
出荷:出荷指示のあった製品などを倉庫内の保管場所からピッキングし、検品、梱包、を経て商品が
倉庫外へ出されること
倉庫管理ではこれら倉庫内での業務をトータルで効率化することが重要です。
鈴与の高品質サービス

 

2.WMS(倉庫管理システム)ってなに?

WMS(Warehouse Management System)とは、原料や製品などが倉庫に入荷してから出荷するまでを

トータルに管理できるシステムです。このシステムの利用により、生産性の向上、出荷作業ミスの軽減、

作業の標準化、情報管理の精度向上などに繋げ、倉庫管理の効率化を図っています。
鈴与WMSの基本機能としては、入荷管理機能、在庫管理機能、出荷管理機能、

棚卸管理機能、納品書等帳票・ラベル発行機能など、多様な機能が備わっています。
サプライチェーンマネジメント(SCM)を推進する鈴与の物流システム

 

昨今では、インターネット通販の拡大により、物流サービスにおいて、

かつてないほど多くの「モノ」を扱うようになりました。

また、企業の合併や買収により、一つの倉庫で業種の異なる複数の製品の取扱いや

海外からの輸入品を取り扱うケースも増えてきました。倉庫にてこれらの多種・多様・多量な製品を

正確に効率よく管理することは倉庫スタッフにとっても負荷が大きく、また各人の能力によって対応できる

範囲も異なります。オペレーションミスを軽減しつつ、倉庫管理をより効率的に行う上で

WMSは必要不可欠なシステムであると言えます。

 

3.WMSの導入メリットとは?

WMS導により、以下の3つのメリットが挙げられます。
システム活用による迅速な対応
システムでの情報管理により、倉庫内で該当の荷物のある場所がすぐに検索でき分かるように

なっているため、在庫の有無、数量確認を迅速に行えるということがあります。
作業品質の向上
WMSでは、入庫日だけでなく、賞味期限・消費期限の古いものから出荷することも可能で、

製品の品質管理の効率化につながります。また、バーコードを用いてデジタルチェックを行うので、

人為的なミスを最小限に抑えることができ、入荷時の在庫計上ミス、誤出荷を防ぐことにもつながります。
業務の標準化
これまで倉庫内の入出荷作業や在庫管理の品質は、熟練した経験者の知識や指導能力に左右されていました。

 

しかし、WMSを導入することによりシステムがオペレーターの業務をサポートしてくれるため、

不慣れなスタッフでもスムーズに業務を遂行できます。また、荷主もリモートでリアルタイムに在庫状況などが

把握できるようになります。
このように、WMSを活用することで、倉庫内での業務効率化を図ることが可能です。

鈴与では共通の自社開発したWMSを使用して倉庫管理を行っている倉庫が日本全国、海外に所在しております。
鈴与の物流拠点

 

在庫管理や業務の効率化などでお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせフォームまたは、

お電話(03-6404-8989)にてお問い合わせください。 弊社サービスの詳しいご案内させていただきます。

 

▼関連ページ
3PLホームページ