資料請求

資料請求

よくある質問

質問する

お問い合わせ

お問い合わせ

3PL・物流アウトソーシングなら鈴与  
輸送から倉庫保管、倉庫内オペレーション、国際物流までワンストップ対応

HOME> » カテゴリー » 物流業界トピックス

今注目のSDGsって?物流業界や化粧品業界でのトレンドをご紹介!

2021.06.21

最近、様々な場所で見たり聞いたりする「SDGs」という言葉。皆さんも1度は目にしたことがあるのではないでしょうか。仕事や生活の中で触れる機会が多くなった「SDGs」という言葉ですが、具体的な内容や私たちにどう関わるのか、ということはわかりにくいですよね。今回は、そんなSDGs について取り上げてみます。

 

1.SDGs(Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標) とは

「SDGs」とはSustainable Development Goalsの略で、日本語では「持続可能な開発目標」と訳します。2000年に国連のサミットで採択された「MDGs(Millennium Development Goals/ミレニアム開発目標)」が達成期限を迎えたことを受けて、MDGsに代わる新たな世界の目標として定められました。国連加盟国が2030年までの15年間で達成すべき世界共通の目標のことです。

 

◆「持続可能な開発目標」とは

では、持続可能/サステナブル(Sustainable)とはどんな意味でしょうか。sustain(持続する)とable(〜できる)を組み合わせた言葉です。将来に渡って何かをし続けるということ、ここではすべての人が安心して暮らし続けられる環境が、将来に渡って続いていくことを指しています。

サステナブルという言葉は日本においては「環境に優しい」という意味合いで使われることが多いですが、ここでのサステナブルという言葉は非常に多岐にわたる意味を持っています。

 

17の目標と169のターゲット

SDGsには、17の目標が設定されています。人権、経済、社会、地球環境など、さまざまな分野にまたがった課題が17に分類されています。また各目標には細かいターゲットが設定されており、より具体な目標や数値目標等が示されています。貧困や飢餓、健康の問題から、ジェンダー格差、働きがい、まちづくり、気候変動や環境保護に至るまで、世界が抱える様々な課題を包括的に挙げています。

 

2.SDGs達成度最新ランキング:トップ3位は北欧諸国。日本は第何位?

6月14日、持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)と独のベルテルスマン財団から、SDGsの達成度を調査したレポート「持続可能な開発報告書2021(Sustainable Development Report)」が公表されました。1位から3位は、フィンランド、スウェーデン、デンマークと北欧諸国がランクイン。4位ドイツ、5位ベルギーと続き、日本は18位となりました(昨年17位、一昨年15位)。

 

日本の目標達成度

日本が17の目標のうち達成されていると評価されたのは、「目標4:質の高い教育をみんなに」「目標9: 産業と技術革新の基盤をつくろう」「目標16: 平和と公正をすべての人に」の3つのみ。そのほかの目標は未達成となっており、「目標5:ジェンダー平等を実現しよう」「目標13: 気候変動に具体的な対策を」「目標14: 海の豊かさを守ろう」「目標15: 陸の豊かさを守ろう」「目標17: パートナーシップで目標を達成しよう」の5つに関しては、4段階の評価でもっとも低い達成度と評価されています。

 

3.化粧品業界とSDGs

ここからはメルマガの読者の方も多い化粧品業界におけるSDGsについて取り上げていきます。現在、日本の化粧品業界では、パッケージのリサイクルや再利用化等を行い、天然資源の管理や有害廃棄物・汚染物処理の改善に向けた活動に多くの企業が取り組んでいます。

また比較的女性が多く働いている業界ということから、女性の社会進出サポートやジェンダー平等の取り組みを行っている企業も多くあります。

 

エシカルコスメ

SDGsという言葉が今よりも知られる前から、化粧品業界では「オーガニックコスメ」と呼ばれる、自然由来もしくは植物性成分を使い、環境に優しい、動物実験を行わないという特徴を持った化粧品があります。そして、少し前からオーガニックコスメの特徴に加え、環境や人権に対して十分に配慮された化粧品である「エシカルコスメ」という言葉も出てきました。エシカルとは、直訳すると「倫理的な」という意味です。適正な価格で継続的に取引された原料や製品を使っている、リサイクル素材を利用している、資源保護などに関する認証がある、また売上金の一部が寄付につながるという点が、エシカルコスメの特徴になります。

 

 

こちらのブログも是非ご一読ください!

▼オーガニックコスメに関するブログ

化粧品オーガニックコスメとは?取り扱いの注意点とは?

 

 

4.物流業界とSDGs

物流業界全体におけるSDGsの取り組みとしては、次のようなものが挙げられます。

・二酸化炭素排出量削減など環境負荷の低減を実現するために、共同配送やモーダルシフトへの転換

・車両そのものを環境への負荷が少ない車両への導入

・環境負荷のより少ない梱包資材の使用する、また資材の再使用やリサイクルを実施

・資源の保護及び廃棄物の削減のため、作業におけるペーパーレスの推進

・倉庫の広い屋根を利用したソーラーパネルの設置 (再生可能エネルギーの利用)  等

 

私たち鈴与もグループ全体の取り組みとして、共同配送サービスやモーダルシフト輸送などの環境への負荷が少ない輸送サービスの提供、ペーパーレス化や、ホワイト物流推進運動(※)への賛同を行っております。また、物流という枠を超えた活動としては、耕作放棄地となっていた棚田復元による環境保全に取り組みも行っています。

※ホワイト物流推進運動とは、国民生活や産業活動に必要な物流を安定的に確保するとともに、経済の成長に役立つことを目的とした運動。現在、日本全国1,200社以上が賛同。

 

こちらも是非ご一読ください!

▼鈴与カーゴネットが考えるSDGs

鈴与カーゴネットのSDGsに関する取り組みを紹介

 

5.SDGsの今後の展望

近年、「売上高や利益」といった実績を重視した投資方法ではなく、「環境・社会・企業統治」といった観点を重視した投資方法(ESG投資)の考えを重視した投資家が増えてきていることもあり、企業活動においてSDGsへの取り組みは必須のものになってきています。

また、SDGsが自治体や企業の活動だけではなく、個人の活動にも広がっていることから、新規市場開拓や事業機会創出のチャンスにも繋がっています。環境省の資料によると、SDGs によってもたらされる市場機会の価値は年間 12 兆ドルになるそうです。

私たち鈴与も物流という切り口から、サプライチェーンの効率化を推進し過剰在庫の削減、そして過剰在庫から発生する廃棄処分を無くしていくことや、共同配送サービスやモーダルシフト輸送など環境負荷が少ないサービス等、お客様のSDGsへの取り組みを支援できるようなサービスを提供していきます。

どんな準備が必要!?元号改正に伴う対応

2019.03.07

突然ですが、平成も残すところあと2ヶ月を切りましたね。

皆さんもご存じの通り、天皇の退位等に関する皇室典範特例法(平成 29 年法律第 63 号)に基づく皇位の継承に伴い、

5月1日に元号改正が行われることになっています。

その前月4月1日には新しい元号が発表され、どの企業も元号改正に伴う様々な対応に追われることになるかと思われます。
では、具体的にどんな対応が必要になってくるのか?何をすればいいのか?ということについて、

先日JADMA(公益社団法人日本通信販売協会)より発表された、経済産業省からの通知を基に今日はお話しさせていただきます。

 

〇情報システム改修等の対応

(1)元号をデータとして保有している場合、元号データの変更や追加または西暦データへの統一化
(2)書面やシステム上に元号や「元年」を印字・表示している場合、印字・表示内容の変更
(3)西暦と和暦との変換処理を行っている場合、変換ロジックの変更または変換テーブルへの登録
(4)他の事業者や関係機関のシステムと情報連携している場合、当事者間での対応策の必要性確認

 

〇事務・運用面の対応

(1)元号の記載が含まれる証書・帳票等の記載の変更
(2)旧元号が記載された状態で利用が想定される契約書等の証書や帳票等の取扱の明確化
(3)運転免許証等の官公署発行の証明書等に旧元号が残る場合でも、有効な証明書等として受け付ける措置
(4)顧客に影響が生じうる事項への対応策等に関する顧客への十分な周知

 

このような対応を取るためにも、まずは社内のシステムや帳票はもちろん、お客様が目にする画面や帳票等にも

和暦が使われている箇所がないか、まずは洗い出す必要がありそうですね。

 

また、自社のシステムだけではなく、外部連携しているシステムは連携先と対応方針のすり合わせ、

和暦の使用箇所、改修の必要箇所、改修計画の共有も必要になります。

例えば、通販業務で利用している受注管理システムやカートシステム、在庫管理システム等、

現在ご利用されているシステムも3月中に一度確認してみてはいかがでしょうか。