資料請求

資料請求

よくある質問

質問する

お問い合わせ

お問い合わせ

3PL・物流アウトソーシングなら鈴与  
輸送から倉庫保管、倉庫内オペレーション、国際物流までワンストップ対応

HOME> » カテゴリー » 国際物流サービス

輸出・輸入時に注意!化粧品に関わる国際条約

2018.12.13

化粧品の輸出・輸入では注意しなければならない点がいくつかありますが、

本日はワシントン条約についてお話をさせていただきます。

 

ワシントン条約とは正式名称を『絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約』といい、希少な野生動植物の保護を目的として、国際的な取引を規制する条約です。条約では、絶滅の恐れの度合いに応じて(規制が厳しいもの)から附属書Ⅰ・Ⅱ・Ⅲと3に動植物が分けて掲載されています。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、化粧品の成分の中にはこのワシントン条約の対象になっている動植物が含まれている場合があります。

 

例えば、私たちにとって身近な植物である「アロエ」は条約の対象となります。「アロエ」と言ってもその種類は多様ですので、まずは含まれているアロエの種類(学術名)を調べてみましょう。アロエは、ほぼすべての種がワシントン条約のⅡ対象(一部、付属書Ⅰに分類)になります。そのため、規制対象のアロエ成分を含む製品を輸入する場合は、輸出国が発行するCITES輸出許可書が必要になります。

 

ただし、アロエの中でも、よく化粧品等に利用されるAloe vera(アロエ・ヴェラ)は規制の対象から除外されています。しかし、同じく化粧品等によく利用されているAloe arborescens(キダチアロエ)は規制の対象になります。このように同じ「アロエ」でも、種によって規制が変わりますので、注意が必要です。

 

他にも、化粧品等に利用されているワシントン条約に該当する可能性のある植物は、「キャンデリラロウ」や「バニラ」等が挙げられます。製品の輸出入の際には、含まれている成分を確認しないと、知らず知らずのうちに条約違反をしてしまう可能性があります。

 

▼化粧品の輸出入に関するそのほかのブログ

・輸入化粧品のマーケット市場/化粧品の輸入に必要な準備とは?

 

・輸出化粧品のマーケット市場/化粧品の輸出に必要な準備とは?

 

 

 

ワシントン条約以外にも、商材や国によって、輸出・輸入の際には様々な規制があります。また、輸出・輸入に関わる手続きは多岐にわたり、通関や貿易管理令、現地レギュレーションなど幅広い知識が必要になります。当社には、通関士資格を持った社員(250名以上)がおり、年間17万件以上の通関実績と経験で、お客様の輸出入のサポートをさせていただきます。また、輸出/輸入手配・通関業務だけではなく、国内の物流サービスまで一貫したサービスをご提供させていただきます。

 

▼鈴与のワンストップ化粧品物流

 

▼鈴与の国際物流サービス

面倒な輸出業務をどうにかしたい!輸出ワンストップサービスのご紹介

2018.12.12

今回は、お客様の輸出業務の負荷軽減を目的とした「輸出ワンストップサービス」のご紹介をさせていただきます。

 

輸出ワンストップサービスをご利用いただくことで、お客様にとって煩雑な輸出業務である

輸出書類の作成・輸出梱包・輸送手配・輸出通関をまとめてアウトソースいただくことができます。

輸出書類の作成は、弊社のWMS(倉庫内管理システム)より作成することで書類作成の手間とリードタイム短縮を

することができるようになります。

 

 

輸出ワンストップサービスについて簡単にご紹介させていただきましたが、

より詳しいサービス内容を知りたい方、ご興味ある方はお問い合わせフォームやお電話より

お気軽にご連絡ください。サービスの内容について、ご紹介させていただきます。

 

関連

鈴与の国際物流サービスについてはこちら

国際貿易港 『清水港』の魅力

2018.09.03

今回は、鈴与が静岡県に基盤を置きます清水港を利用した輸出入について、3つの特長をご紹介させていただきます。

 

【特長その①】日本の中央に位置し、関東・東海・甲信エリアから好アクセス

 

(1)東名/新東名ダブルウェイによるリスク回避

(2)圏央道開通により北関東地区からのアクセスも向上

(3)清水と甲信エリアを結ぶ中部横断自動車道の整備(2019年度中に全区間開通予定)

 

東名・新東名高速道路や、現在整備が進んでいる中部横断道の開通で甲信地区からのアクセスも向上し、より多くのお客様に利用しやすい港になっています。

 

【特長その②】欧州航路含め週27便、世界311港の物流港

 

清水港は、欧州/北米/アジアをはじめ世界311の港と結ばれています。日本国内では清水港、東京港、名古屋港、神戸港の4港のみ寄港する、欧州航路も就航しています。

 

欧州から定期的にコンテナ貨物を輸入されているお客様でしたら、静岡県内の弊社の物流センターと合わせてご利用いただくことで、大都市圏と比べるとコストを抑えた保管料、ドレージコストの低減等のご提案ができるかもしれません。

 

【特長その③】コンテナ搬出入の時間が他港と比べて5分の1以下

2018年7月に施行された「貨物自動車運送事業輸送安全規則」の一部改正により、今後はこれまでの輸送料に加えて、トレーラー待機料等の追加費用が発生する可能性があります。コンテナの搬出入に要する時間は、混雑の激しい大都市港では1時間を超えることも珍しくないですが、清水港のコンテナ搬出入時間は平均12分間。時間を読むことができるので、計画的な貨物の運送も可能です。

 

いかがでしたでしょうか。BCP対策や国内ドライバー不足、大都市港の混雑による搬出入時間の長時間化、待機料の発生に課題を抱えていらっしゃるお客様は清水港のご利用をご検討してみてはいかがでしょうか。また、鈴与では清水港を利用した輸出入と合わせて、物流センターのご提案も行っております。多様な3PLの運用実績により培ったノウハウで、お客様の物流課題を解決できるようご提案させていただきます。

 

何かご不明点、さらに詳細について聞いてみたい等ご要望ありましたら、お気軽に弊社ホームページのお問い合わせフォームまたはお電話(03-6404-8989)にてお問い合わせください。

 

▼関連ページ

鈴与の国際物流サービスについてはこちら

鈴与の拠点一覧はこちら