資料請求

資料請求

よくある質問

質問する

お問い合わせ

お問い合わせ

3PL・物流アウトソーシングなら鈴与  
輸送から倉庫保管、倉庫内オペレーション、国際物流までワンストップ対応

HOME> » カテゴリー » 国際物流サービス

世界的なコンテナ不足と海上運賃の高騰はなぜ起きているのか?

2021.07.05

昨年末から続くコロナ禍の影響により国際海上輸送のコンテナ不足、輸送遅延が問題となっています。

今回は、いまもなお続く、課題の現状についてその背景をお伝えしていきます。

 

空コンテナが不足する要因はなにか?

世界的なコンテナ不足の原因は、新型コロナウイルスの蔓延が発端となっていますが、

複数の要因が重なり、各国に連鎖して、長期的な問題となっています。

 

①新規コンテナ生産量の低下

世界のコンテナ生産の約98%は中国で行われていますが、2019年は米中貿易摩擦による

荷動きの低下が懸念され、コンテナ生産量が前年比40%減と縮小傾向にありました。

2020年に入っても、上半期はコロナ禍の先行き懸念や工場の生産能力の低下により、

生産量は前年比25%減、依然として縮小傾向が続きました。

 

②輸入港での荷役作業の停滞

貨物の入ったコンテナは、一般的には輸入地への到着から14日間以内に中の貨物を取り出し、

空のコンテナを返却する必要があります。

2020年に発生したコロナウイルスのパンデミックにより、世界各国での都市封鎖の実施、

感染拡大による港湾作業員の不足によって、コンテナ貨物が港湾に滞留しました。

海運会社もコンテナ船を減便させたため、空のコンテナも港に留め置かれ、

輸出地でコンテナが不足する事態となりました。

 

③中国経済の回復による輸出量増加

中国では、2020年の前半には経済活動が停滞したものの、後半には自動車、機械などの生産が

他国に先駆けてV字回復しました。一方、北米や欧州等の地域では、感染拡大による生活用品等の

生産に影響が出たことや、巣ごもり消費の増加により、中国から欧米向けへの輸出は

例年を上回る量に達していきました。その結果、急増したコンテナ物量と、

コロナ禍による港湾作業員不足によって、コンテナ船の処理が追いつかなくなり、

欧米でのコンテナ滞留、港湾混雑が発生し、世界の主要港に連鎖していったのです。

 

コンテナ不足が続くと、どんな影響があるの?

コンテナ不足により、ビジネスや生活へどのような影響があるのでしょうか?

 

①国際物流での輸送遅延

コンテナ不足により、各方面へのコンテナのブッキングが困難な状況にあり、地方港では

コンテナ船が欠航となる事態も起きています。特に、北米西岸の港湾や欧州湾岸では、

港湾の混雑により、荷役にあたり通常の2倍程度の時間がかかっているようです。

 

②物流費高騰による商品の値上げ

2020年後半から、コンテナ不足による海上運賃が高騰し、スポット運賃は2~6倍まで

跳ね上がっている状況です。また、①にあげた海上での輸送遅延を懸念して、

航空輸送へのシフトも起きているため、航空輸送の運賃も同様に高騰しています。

このような国際輸送費の増加により、企業の売上高物流費も上昇するため、

商品の値上げを検討する状況になりかねません。

 

企業は、このような状況に対して、海上輸送以外での輸送手段の活用(鉄道・航空・陸送)

適正在庫の見直しコンテナの共用や混載コンテナの利用などの対策で、当面の難局を打破して

いく必要があります。

 

鈴与の国際物流サービス

総合物流会社である鈴与では、全国の主要港での通関業務や輸出入業務から、

国内における配送手配、倉庫内業務をワンストップで対応いたします。

輸出入の貿易情報の管理ができるシステムを開発・提供していますので、

煩雑な手続き・管理業務からも解放されます。

鈴与の国際物流

輸出・輸入対応されている方必見!業務面・マネジメント面を見直しませんか?

 

また、鈴与は日本7大港の1つである清水港を拠点に、全国で初めて「24時間・364日」の

荷役サービスを提供したパイオニア企業。

新たに清水港を利用したコンテナ貨物の荷主企業に向けての助成制度があります。

日本の中心地である静岡県 清水港への変更を一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

清水港を利用しませんか?新たに清水港をご利用される荷主企業様を助成します

国際輸送/輸出・輸入に必要な手続きって何?

2020.06.04

危険物、化粧品、ワシントン条約等関連法令が発生する貨物など、海外から商品を輸入する際または
海外へ商品を輸出する際にどのような手続きが必要になるのかご存知でしょうか?
この分野については、よほど専門的に行っている方以外はご存知ないかと思います。
今回は貨物を輸出する際の通関業務の流れ、通関手続きで必要となる書類、輸出代行業者に依頼した場合、
どのような対応をしてもらえるのか見ていきましょう。

 

そもそも通関業務って何?
通関業務を簡単に言うと『輸出入に関わる業務』で、貿易を行う際に必要になる業務です。
輸出入の際には行政へ必要な手続きと申請が必要で、税関で適切な検査を受けないと密輸になってしまいます。
また、書類上の不備や虚偽の申請も許されません。輸出入に必要な関係書類を自社で作成することもできますが、
一定の知識がないと正確な書類の用意は難しいかと思います。そこで助けになるのが専門的な知識を持った通関
業者で、時間をかけることなく適切に処理してくれます。
通関業務はペーパーレス化の電子手続きが主流になってきており、NACCSという通関業者専用システムを利用します。
さまざまな側面を考慮に入れて、通関業務は通関業者の力を借りた方がスムーズに進みます。
鈴与の通関サービス

 

輸出通関業務の流れとは?
輸出通関業務のおおまかな流れとしては、
1.保税エリアへ搬入
このエリアは輸出許可を受ける前に貨物を保管する場所で、その名のとおり税金がかかる前の状態です。
2.貿易書類の作成
通関業者は書類をもとにして輸出申告書を作成して、税関に提出します。
税関は書類の不備や内容に虚偽がないかを確認して、問題がなければ輸出許可書を発行します。
3.船への積み込み
税関から発行された輸出許可書を船会社に渡すと、貨物の積み込みを行うことができます。

これで一連の輸出通関業務が終了して、貨物は輸出先に搬送されます。
*貨物が積み込みされる際に、船会社から船荷証券が手渡されます。
この証書の取り扱いは非常に重要で、輸出先が荷物を受け取る際に必要な書類となります。

 

輸出通関に必要な書類とは?
商品を輸出する場合、通関業者に提出しなければならない書類があります。
1)インボイス
(コマーシャルインボイス、仕入書、商業送り状とも呼ばれます)
これは貿易取引の内容を税関に説明するためのものです。
貨物の品名、種類、数量、価格、代金支払方法、荷送人や荷受人の住所・氏名・名称などが書かれていなければなりません。
2)パッキングリスト(梱包明細書とも呼ばれます)
これは輸出される貨物が、どのように梱包されているかを説明する書類になります。インボイスを補完するもので、
貨物の個数、梱包後の重量、容積等が書かれていなければなりません。
3)シッピングインストラクション
(船積指示書とも呼ばれます)

これは荷送人が通関業者へ船積みを依頼する時に提出する書類で、
通関依頼の際にインボイスやパッキングリストと一緒に提出します。
また、初めて荷送人が通関業者へ依頼する場合に限り、通関業務の委任状が必要になります。

 

輸出通関代行業者に依頼するメリットとは?
商品を輸出しようとする際に必要な手続きとして、以下事項が挙げられます。
1)税関で輸出の許可を得ること
2)船などの輸送手段の確保
3)輸出先での配送手段の確保
4)厚労省など所管官庁への手続き *貨物の内容による

個人が直接これらの手続きを行うことは大変で、専門的な知識が無ければほぼ不可能です。

そこで、活用されるのが、フォワーダーと呼ばれる仲介業者です。
自らのネットワークで輸送手続きを行い、世界各国の法体系に精通して通関手続きを行ってくれます。
また、業者によって船によるコンテナ輸送や航空機による航空輸送、更に、輸送が得意な業者、通関が得意な業者など
さまざまなスタイルがあります。
輸出する貨物の物量が少量の場合、クーリエという集荷・通関・輸送・配達を一括して行う国際宅急便も選択肢として
挙げられます。

 

輸出通関代行業者に依頼するデメリットとは?
輸出通関代行業者に依頼する場合に忘れてはならないデメリットが、個人では依頼できないということです。
通関代行業者は税関の許可を得て業務を行っています。
公的な立場の業者とも考えられるので、個人の依頼は断られる可能性が大きいです。理由としては、

・きちんと支払ってくれるかという金銭的なリスク
・違法な貨物の通関をさせられないかという法的なリスク

リスクを防ぐため、一般的には信用のある会社しか相手にしてくれないのです。
他にも業務委託の費用が発生するというデメリットがあります。
法外な費用ではありませんが、通関の費用と、取扱の手数料等は発生します。
ただ、費用に関しては、諸費用が圧縮できたり、時間的な手間が省けたりするので、
トータルで考えるとコスト削減に繋がります。

 

輸出入手配のご依頼・ご相談等ございましたら、お気軽にお問い合わせフォームまたはお電話(03-6404-8989)にて
お問い合わせください。弊社サービスの詳しいご案内させていただきます。

鈴与にお任せ!業務改善を物流面からサポート

2019.09.13

先日の台風15号による交通網・インフラへの影響は凄まじいものでしたね。

交通網が大きく乱れ、なかなか出社できずに業務が止まってしまった会社様も多かったのではないでしょうか?

特に物流関連の部署では特定のご担当者様がそれぞれの担当業務をこなす=属人化した業務が多く、

このような事態に悩まれているケースが多いように感じます。

 

          「貴社の物流に関する業務では何社とやり取りをされていますか?」

 

メーカーから倉庫までの国内調達部分ではA社aさんが担当。輸入手配はB社bさん。

取引先様からの発注を受けて倉庫へ指示するのはC社営業担当cさん。倉庫での在庫確認はC社dさんが担当…。

1日のうち、数社の複数の方とのやりとりに追われ、窓口業務が煩雑になっていないでしょうか?

総合物流会社である鈴与であれば、国内における配送手配、倉庫内業務、化粧品製造業(ラベル貼り、セット加工)、

通販業務まで、窓口を一本化して全てワンストップでサポートいたします。

鈴与の3PLワンストップサービスのご活用について是非ご検討ください。

 

更に当社ではこのワンストップサービスの更なる充実を図るため、2020年2月に清水港の国際コンテナターミナルに

隣接した新物流センターを完成予定です。東京港の慢性的混雑は改善が見られず、いよいよ来年開催される東京オリンピック・パラリンピック会期中の東京港発着のコンテナ物流はさらに混乱する恐れがあります。

清水港はコンテナターミナルに隣接する=輸出入リードタイムの短縮が見込めます。

 

▼関連ページ

輸出入港の課題「港の混雑問題」

混雑・待機とは無縁?!人気高まる『清水港』

 

▼化粧品業界の方が多く購読されている『週刊粧業』(2019年8月19号8ページ) にて、

当社の記事が掲載されましたので、併せてご一読ください。

鈴与、生産性向上で物流コストを削減

オリンピック開催で更なる混雑発生?! ~SCMの維持に今から備えを~

2019.06.18

昨今、輸出入貨物量の増加による混雑、慢性的なドライバー不足、コンテナターミナルの混雑による稼働率悪化で

ドレージ確保のしづらさトラックの長時間待機による待機料の発生などが話題となっている東京港。

オリンピック開催期間中は更なる交通混雑が予想され、特に東京港では輸出入貨物量制限が設けられる可能性も否めません。

この「運べなくなる危機感」を強めているお客様から増えている鈴与へのお問い合わせ、それは利用港の切替です。

ドレージ手配ひっ迫の影響は、エンドユーザー様への納品遅れだけでなく、物流コストの圧迫にも繋がります。

たかが1年、されど1年。

鈴与は日本7大港の1つである清水港を拠点に、全国で初めて「24時間・364日」の荷役サービスを提供したパイオニア企業。

船会社様に対し、母船の接岸時間・荷役時間の削減と合わせて、港費・運航経費などオペレーション上のコスト削減をご提供しています。日本の中心地である静岡県 清水港への変更を一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

▼関連ページ

清水港の魅力

鈴与の港湾物流

 

番外編 『港変更で物流コスト削減?! ~混雑0(ゼロ)だけじゃない、高まる清水港の魅力~』

鈴与が静岡県からオペレーションを委託されている「清水港」では、ご利用港を他港から「清水港」に変更した荷主様に対し、

静岡県から助成金を受けられる制度が用意されています。

取扱い貨物によっては、40ftコンテナ1本あたり¥40,000の助成金が受けられるケースもありました。

日本の主要港の1つである清水港は24時間364日稼働しており、交通の利便性でもメリットがあります。

「新東名高速道路」による東西軸の利便性のみならず、「中部横断自動車道」の整備が進み、信州方面への南北軸に対しても

利便性が高まっています。中部横断道の整備により、清水港-山梨県中心部までの所要時間はなんと約4割短縮される。

地方港への切り替えをご検討される際は是非候補先の一つに「清水港」を入れてみてはいかがでしょうか?

▼関連ページ

ブログ:国際貿易港 『清水港』の魅力

 

 

輸出・輸入港の課題「港の混雑問題」

2019.01.17

1月1日発行の週刊粧業新春増大号で、鈴与の化粧品物流サービスについて取り上げていただきました。

週刊粧業 2019年1月1日号 「鈴与 待機時間の短い清水港の利用を呼びかけ/設備を増強し、国際物流をトータル支援」

 

深刻化するコンテナターミナルでの待機時間

近年物流業界で問題になっているコンテナターミナル(CT)での“待機時間”の問題が深刻化しているのをご存知でしょうか。

“貨物を輸出入する際には、ドライバーが海上コンテナを港のCまで搬出入します。ドライバーが「ゲート前に並んでから貨物の積み降しするまでの待ち時間」または「貨物を積み込むまでの指示待ち時間」が“待機時間”にあたります。

 

昨今のトラックドライバーの長時間労働改善の動きや、ドライバーの人手不足が問題視されている背景から、2017年7月より「貨物自動車運送事業輸送安全規則の一部を改正する省令」が施行され、荷主の都合により30分以上待機した際にドライバーの乗務記録を記載することが義務付けられました。以降、荷主へのコスト負担、混雑するCTからの搬出入をコンテナドレージ会社が断る、という動きが出ています。

 

清水港の魅力

清水港はこの待機時間がとてもい港(なんと平均12分!)です。

また、ちょうど日本の中心に位置する港ですので、東京、横浜、名古屋等の大都市圏へのアクセスも良く、中部横断自動車道の開通により甲信エリアからのアクセスも向上します。静岡県としても清水港への貨物誘致を積極的に進めており、新しいコンテナターミナルを本年度本格稼働させ、同エリア内に鈴与と他3社と共同で新物流センターの建設も進めております。

 

清水港の3つの魅力

➀待機時間わずか平均 12分!

待機時間を気にすることなく、スムーズにコンテナヤードへの搬出入が可能です。

 

②アクセスに便利な立地 ≪東京まで1.6時間、横浜まで1.5時間、名古屋まで2時間≫

日本の中心地に位置し、全国に向けて効率的な配送を実現します。

 

③清水港コンテナ貨物助成金制度

清水港での新規コンテナのお取り扱い、または他港からの切り替えを対象に助成金制度が受けられます。お取り扱い貨物によってさらにメリットがあります。

 

弊社では清水港と静岡県内の弊社物流センターを合わせて、貴社物流課題を解決できるご提案をさせていただきます。もちろん県内のみならず、全国での拠点でのご提案もご対応させていただきます。ご興味ある方はまずはお気軽にお問い合わせフォームまたは、お電話でお問い合わせください。

 

関連ページ

鈴与の 国際物流サービスについてはこちら