資料請求

資料請求

よくある質問

質問する

お問い合わせ

お問い合わせ

3PL・物流アウトソーシングなら鈴与  
輸送から倉庫保管、倉庫内オペレーション、国際物流までワンストップ対応

HOME> » カテゴリー » 国内物流サービス

物流コストを見直しませんか? ~コスト削減のポイント~

2020.10.14

「モノ」の製造・販売を行う中で、必ず発生する「物流コスト」。私たちが日常の中で購入する商品にも

「物流コスト」がかかっています。一般的には、輸送費用のイメージが強いかと思いますが、実際には商品を

消費者へ届けるまでの過程で発生する様々作業で発生する費用全体のことを指しています。

今回は、物流コストにはどんなものがあるか、そして物流コストを見直すポイントについてご紹介していきます。

 

物流コストってなに?

物流コストとは、売り手から消費者に商品が届くまでの「モノ」の移動に関わる、必要な作業・業務で発生する

すべてのコストのことを指します。この中には輸配送のための費用はもちろんのこと、伝票や納品書を作成する事務作業費用、

商品を保管する費用、出荷する前に商品をセット加工する流通加工作業に要する費用も含まれます。主な費用は、以下の4つが挙げられます。

 

保管料

商品を納品先に発送するまで、倉庫など一定の場所で在庫を保持する費用で、倉庫の賃借料、保管スペース料、

保管機器料などが該当します。坪単位または個建てでの料金体系が一般的です。費用は商品を保管する場所の立地、

保管要件などによって変わるため、どんな条件で保管する必要があるのか、また在庫量はどのくらいであるかを把握することが重要です。

 

作業料

商品の入出庫およびその付帯作業にかかる費用です。注文のあった商品のピッキング、梱包作業や、

商品を流通させるために必要なラベル貼付・セット組み・包装を行ったりする流通加工作業等が含まれます。

 

運送費

商品を目的地まで輸送するのに発生する費用です。1台のトラックを貸し切りで使うチャーター便、

1台のトラックに複数企業の荷物を混載して輸送する路線便、個人宅に配送する宅配便などがよく利用されます。

遠方への輸送では航空便、海外へ輸出する場合には海上輸送も利用されます。物量や納品先によって

適切な配送手段を選択することが重要となってきます。

 

管理費

保管、作業、運送に関わる物流を管理するための費用のことをいいます。主として、物流を管理するために必要な人件費、

伝票や納品書の作成・受注処理に必要はシステム費用等があります。物流を運営するにはシステムの構築も欠かせませんので、

システム開発費用、使用機器に相当な時間やコストがかかるのも抑えておきたいポイントです。

 

物流コストの構成比とは?

公益社団法人 日本ロジスティクスシステム協会「2019年度物流コスト調査報告書」によると、全業種における

物流コストの物流機能別構成比は、運送費が 58.2%、保管費が15.8%、その他(包装費、荷役費、物流管理費)が 26.0%

なっています。運送費の割合は、製造業では 61.6%、卸売業では 49.1%、小売業では 48.5%と、業種・商材によって

差はあるものの、運送費が全体の約5~6割と高く推移しています。

 

 

(参照:日本ロジスティクス システム協会https://www1.logistics.or.jp/news/detail.html?ItemId=220&dispmid=703)

 

物流コストの見直しのポイントは?

コスト削減を行うには物流のどこに問題があるのかを分析せず、ただやみくもに物流にかかわる労働者を減らすだけでは

上手くいきません。まずは物流全体像の把握が前提となります。まずはさまざまな費用や全体の流れを可視化することで、

どこにどういう問題があるのかが分かってきます。例えば、一つの製品が過剰に在庫されている一方で、別の商品は在庫がない、

というアンバランスな状況も見えてきます。全体を見ることで問題点を掴み、それぞれの問題点に対して改善をはかることで、

初めて物流コストの適正な削減が可能になるのです。

 

鈴与で物流コストの見直しを行いませんか?

物流コスト削減の一つの方法として、物流のノウハウを持った外部業者へのアウトソーシングがあります。

物流業務すべてを自社で対応されている場合、製造/仕入れ~保管~納品先へ発送作業、配送手配までの作業や業務全般を

負担しなければなりません。また、物流業務に必要なシステム機器、荷役機器、倉庫といったハード面への投資も必要です。

それら物流業務を専門業者にアウトソーシングすれば、コスト比重の高い人件費や資材費など、コストの削減に繋がる場合が

あります。また、アウトソーシングにより、コスト面だけでなく、今まで自社で担当者を育成・確保していた人材をより

コアな業務に回すことができます

 

鈴与では、総合物流会社としてお客様の物流を最適化し、課題を解決するソリューションをご提案します。

 

①倉庫の最適立地のご提案

全国145拠点、倉庫スペース30万坪の国内ネットワークの中から最適な立地をご提案致します。

お客様の条件に合わせて拠点の集約化や複数拠点化等、柔軟な対応が可能です。

 

ワンストップ対応で業務効率化

通関業務や輸出入業務、化粧品・医薬部外品製造業等の作業を他社に委託することなく、弊社にてワンストップで対応が可能です。

リードタイムの短縮や横持ち費用の削減に繋げることができます。

 

物流システムによる業務効率化

輸出入情報の一元管理ができる「LTS(Logistics Tracking System)」、在庫情報等をリアルタイムで閲覧できる

SIIS(Suzuyo Inventory Information System」、受発注業務をサポートする「WEBオーダーシステム」等

様々なシステムをご提供しています。煩雑な手続き・管理業務を軽減できます。

 

物流コストの見直しを行いたい方、弊社サービスにご興味ある方はまずはお気軽にお問い合わせフォームまたは、

お電話(03-6404-8989)にてお問い合わせください。弊社サービスの詳しいご案内させていただきます。

流通加工のアウトソース!業務負荷軽減&顧客満足度UPをねらいませんか?

2020.08.19

「流通加工」という言葉を聞かれたことはあるでしょうか?

一般の方にはなじみのない言葉ですが、あらゆる商品が「流通加工」された状態で、皆さんのお手元に届いているはずです。

ここでは流通加工全般について、さらには化粧品における流通加工について少し考えてみましょう。

 

流通加工ってどのようなことをするの?

流通加工とは、流通の過程において商品に様々な加工を施し、商品価値を高める作業を指します。

流通加工の代表的な作業として、以下のようなものがあげられます。

 

1 .ラッピング

クリスマス、誕生日、お歳暮・お中元などのイベントに合わせて商品を包装すること

作業例:包装、リボン掛け、熨斗掛け、シュリンクラップ

2.検品・検査

商品の内容が規格通りか安全性・品質を確認すること

作業例:官能検査、ダメージ検品、打検

 3. セット組み

単品の商品を販売用の箱や袋に複数商品詰めること

作業例:詰め合わせ、荷姿変換(〇本セット)、付属品のセット

4. 貼付

商品の販売に必要なラベル貼付を行うこと

作業例:品質表示、成分表示、アテンションシール貼付

5. 印字

商品の販売に必要なロットを印字すること

作業例:製造ロット、賞味期限、使用期限、シリアルナンバーの印字

6.封入

商品本体とは別に製品冊子や販促用チラシを入れること

作業例:チラシ、取扱説明書等の封入

 

鈴与は、多様な商材に対して、上記のような流通加工実績があります。

▼鈴与の食品物流

▼鈴与の化粧品物流

 

流通加工のアウトソースにはどんなメリットがあるの?

従来、このような流通加工で行われる作業は、商品を製造する生産者や、商品を仕入れ・販売する

小売店や通販事業者が行っていました。しかし、これらの作業は手間がかかるのでアウトソース(外部委託)することで、

生産者にとっては、製品の生産に注力でき、流通加工に掛かるコスト(人員や作業スペース)の軽減ができます。

 

また、販売者にとっても、商品が加工済の状態で納品されるので、仕入から販売までのリードタイムの短縮が可能となり、

さらに作業の手間を省いて販売に専念ができます。

このような理由から、流通加工作業をアウトソースする需要が増えています。

 

鈴与では、自社開発のWMSの機能を利用した流通加工作業サービスを提供しています。

こちらの機能を使えば、出荷時にセット組みを行うため、必要な分だけ加工作業を実施し、余剰なセット在庫を持つ

必要がなくなります。詳しい内容に興味を持たれた方は、ぜひお問合せください!

▼鈴与のWMS

 

化粧品への流通加工の注意点は?

あらゆる商品が市場に出る前に、流通加工作業がされていますが、「化粧品」への流通加工では注意が必要です。

 

化粧品への流通加工は、検品、ラベル貼り、値札付け、シュリンク作業、セット梱包などがありますが、

特に輸入化粧品を取り扱う場合は、医薬品医療機器等法(薬機法)で『化粧品製造業』が関係するため、

ラベル貼付作業に際しては、「化粧品製造業」というライセンスが必要となります。

また、化粧品を海外へ輸出される際にも国によっては必要になります。

 

▼化粧品製造業についての詳しい説明はこちら

 

薬機法にあたる流通加工作業をアウトソースする場合は、製造業ライセンスを取得している業者を起用する必要があります。

鈴与では、全国に薬機法ライセンスを取得した倉庫を保有しております。

※化粧品・医薬部外品・医療機器製造業(包装・表示・保管

※化粧品・医薬部外品製造業(一般区分

 

化粧品製造業を自社で対応されている場合の外部委託や、輸入化粧品の取扱い、

化粧品の海外輸出をご検討されている方は、一度弊社までお問合せください!

店舗運営の効率化を実現!店舗便とは?

2020.02.25

日本では現在、荷物を載せて運ぶトラックの「積載率」が低下している一方、

ドライバーの高齢化が進み、物流現場の人手不足が深刻になっています。

また、長距離輸送に伴う長時間労働や環境への影響が気になります。

その他コスト削減、CO2削減対策…配送面での課題は多くあります。

現状の配送手段に変わるドローン輸送サービスも注目を浴びています。

今回は当社して取り組んでいる店舗便/共同配送サービスについて取り上げてみます。

 

さて、舗便(共同配送)という言葉を聞かれたことはあるでしょうか?

これは物流の世界で使われている言葉です。ネット通販が盛んになってきている一方で、

「リアル店舗」の需要も高まり、実店舗をもつケースも多くなっています。

しかし、物流業界もこの状況でコストダウン、環境問題の解決にも関与しなければなりません。

そこで登場したのが店舗便(共同配送)という考え方です。

ここでは店舗便のメリット、デメリットや成功例に加え、もし店舗便を導入するなら、

どのような点に留意すればよいのかを見てみましょう。

 

店舗便(共同配送)ってなに?

もし特定の場所までタクシーを一人で利用した場合、タクシー代は自分一人で負担しなければなりません。

しかし、『乗合タクシー』を何人かで利用すれば、一人当たりのタクシー代は安くなります。

店舗便はまさにこの考え方と同じで、当社の倉庫から複数のお客様のお荷物を同じエリア・商業施設へ

配送する場合、配達する荷物を同じトラックにまとめて積載して配送するという方法です。

鈴与も店舗便サービスをご提供しています。

 

店舗便のメリットとは?

企業ごとに必要となる物流環境が異なりますが、年々総合的に物流環境を改善しようと取り組む企業が

増加しています。少しでも物流コストを削減するための方法として、既に店舗便を活用している企業も

多くあります。店舗便のメリットとして以下のような配送の効率化人材不足の解消環境問題の改善

などがあげられます。

◎配送の効率化

自社の商品と他社の商品を共に運ぶ店舗便では、複数のお客様が同じ運送トラックにて商品配送を委託します。

特に配送先が同じ場所(商業施設など)であった場合、同じ運送トラックで運んだ方が圧倒的に効率はよくなります。

◎環境問題の改善

車の利用台数も減らすことでガソリンの消費を抑え、結果、交通渋滞や環境問題の解決にもつながります。

◎人材不足の解消

出荷時には商品陳列棚に対応したカテゴリ別梱包(化粧品、食品、雑貨/ブランド別など)を行い、

店舗様側の品出し業務の効率化をサポートします。また、鈴与の倉庫では販売に必要な値付け(プライス貼付)、

セット組、ラベル貼付(品質表示)等の流通加工作業にも対応しています。

 

店舗便のデメリットとは?

店舗便にはデメリットもあります。

▼臨機応変に対応するのが難しい

複数の会社の荷物を共同で運んでおり、配送するトラックはルート選定や配達順序を既に決定されているため、

もしある会社により追加発注が発生しても融通を利かせて予定を変更するということが難しいのです。

その場合は別途車両をたてるか翌日配送対応となります。

▼配送単価

店舗便は配送距離や納品条件などにより配送単価が変わります。また積載量やルートの関係で、

かえってコストが高くなることもあります。

▼他社との混載便利用

他社の貨物と混載されるので、強い匂いによって自社製品に影響がないか留意する必要があります。

 

店舗便の成功例とは?

今まではメーカーA社、メーカーB社、メーカーCの複数メーカーがそれぞれ直接各店舗に発送手配を

していましたが、それでは複数の配達ルートに分かれ、別々のトラックが商品を運ぶことになります。

しかし、一つの物流センターに集約することで、物流センターに入ってきた商品は各店舗に商品カテゴリごとに

仕分け、梱包されます。店舗のエリア別にルートを組んで配送(=店舗便の導入)した結果、

コストが大幅に軽減し、合理化することに成功しました。このような成功事例は、アパレル雑貨、文具、

食料品、化粧品、自動車部品など多様な業種で導入されています。

 

このような店舗便は多くの業界で広がりつつあります。

現状、直営店舗を展開されている場合、この機会に店舗便のメリットを最大限に活かす活用方法を考え、

一度導入を検討してみるのはいかがでしょうか。

 

▼関連サービス:小売業物流サービス

小売業物流サービス

物流センターについて考える

2020.01.22

今回は「物流センター」について取り上げます。

鈴与は北海道から九州まで全国約140拠点、延床面積は85万㎡に物流ネットワークを展開しています。

鈴与の物流拠点

来月2月には清水港に隣接した新興津地区に共同物流センターを竣工する予定です。

日本経済新聞の記事にも掲載されました!

 

突然ですが、皆さまは物流センターと倉庫の違いをご存知ですか?

物流センターってなに?何をするところ?

本日は物流センターがどういうも機能をもち、内部でどのような業務がされているのか、

倉庫との違いを洗い出してみましょう。

 

物流センターと倉庫って何が違うの?

『物流センター』と『倉庫』は同じように使われがちな言葉ですが、実は少し異なります。

倉庫』は、商品の保管を主に行っています。

倉庫が持つ役割の一つは、入荷した時と出荷する時の商品の状態が同じになるように管理することです。

一方、『物流センター』は荷主様のニーズに力を入れた施設になっています。

 

物流センターってなに?

物流センターでは、内部で主に保管、荷役、流通加工、輸送、情報管理の4つの機能を保有する施設です。

  • 保管』は、商品を預かり、市場へ商品を安定して供給するために、生産や消費の時間的な隔たりを埋めます。
  • 荷役』は、商品を入庫や出庫に関する機能で、商品の積卸しや仕分け、積み付けといった役割を果たしています。
  • 流通加工』は、タグ付けやラベル貼りなどの加工作業のことです。物量センターで加工をすることによって、

小売店では販売に専念できるので、全体として業務の効率化を図ることができます。

  • 輸送』は、港や製造工場から倉庫へ、保管している商品をトラックや鉄道、

船などを利用して小売店などの納品先へ配送していきます。

上記で述べたような4つの機能にシステムによる情報管理を加え、生産者からエンドユーザー迄の

一連の物流をスムーズに実現します。

 

物流センターで行われる業務の流れとは?

物流センターでの業務の流れは、輸入元の海外工場、国内工場などの取引先から商品が入荷することから始まります。

入荷時に受領した予定情報を元に商品種類、数量などが合っているか、商品に汚れや損傷がないかを検品し、

問題なければ、棚に商品を保管します。出荷情報が入ると、保管場所から商品をピッキングし、納品先別に梱包します。

梱包する前に値札付けなどの流通加工が発生する場合もあります。配送のためのトラックに商品を積込み、

納品先へ配達が終われば完了となります。

物流センターではこの流れのような一連の作業が日々行われているのです。

倉庫での入荷から出荷までの流れ

作業の様子/流通加工

 

 物流センターとはどういうもので、何をする場所なのか

倉庫とは「商品を保管する」ことに重きを置かれた施設のことです。

これに対し、物流センターは生産者からエンドユーザーへスムーズな流通を実現するための施設で、

上記に述べた4つの機能に加え、システム情報管理機能も加わります。

 

拠点をどこにもつのが最適なのか、保管、調達、納品と多角的に検討する必要があります。

貴社の現在の物流センターが最適かどうか一度シミュレーションをしてみませんか?

物流センターの最適立地とは

最適立地の分析

店舗業務の効率化に繋がる鈴与の【店舗便+物流センターサービス】とは?

2018.12.14

日頃小売企業様から寄せられる店舗運営に関するお悩みに対して、

物流の立場から店舗業務の効率化をサポートするソリューションとして、

鈴与の【店舗便+物流センターサービス】をご紹介いたします。

 
 

鈴与の「店舗便+物流センターサービス」とは

具体的にお聞きするお悩みとしては、

・「入荷した商品の一次仕分けに時間がかかる」

・「商品が届く時間がまちまち」

・「バックヤード業務の負荷が大きく接客に人手が回らないときがある」 等々。

そんなお困り事に対して、「毎日納品」「定時店着」「カテゴリ別梱包&梱包明細」といったサービスが可能な

鈴与の【店舗便+物流センターサービス】で、物流の切り口から店舗業務を含む全体最適のご提案をいたします。

 

毎日納品

⇒日々の品出し業務を平準化できます。バックヤードスペースの削減が可能です。

定時店着

⇒納品時間に合わせた人員配置が可能となります。納品遅延等によるシフトスケジュールの調整が起きません。

陳列棚やカテゴリを意識した梱包、梱包明細

⇒一次仕分けにかかる時間や商品を探す時間が削減でき、品出し時間を短縮できます。

 

 

「店舗便+物流センターサービス」のメリット

また、鈴与の「店舗便+物流センターサービス」は、店舗業務の効率化以外にも、

配送コストの削減や、店舗への安定した商品供給といった特徴・メリットがございます。

 

◎配送コストの削減

・自社便を利用した共同配送サービスの為、安価なコストでの提供が可能です。

・ドライバーが直接店頭に納品するので館内配送料が発生いたしません。

・納品時にオリコンや返品・什器類の引取りが可能なので、回収費用が発生いたしません。

・繰り返し利用できるオリコン容器を利用することで、資材費用の抑制にも貢献いたします。

 

◎店舗への安定した商品供給

・繁忙期や流通加工の物量波動に対して、物流センター内での作業員の大部屋化により、

作業員を流動的に配置・集約することが可能です。

・店舗便は物流センターから直接納品するため、タッチ回数が少なく、破損や誤配送のリスクが低減されます。

 

 

鈴与の【店舗便+物流センターサービス】をぜひご利用いただき、

店舗のバックヤード業務の効率化、店舗スタッフの接客時間を増やしませんか?

店舗負荷軽減の要望に応える(一緒に考える)ことの出来る物流会社=鈴与にお任せください!

 

関連

鈴与の店舗便サービスについてはこちら

鈴与の拠点一覧はこちら