資料請求

資料請求

よくある質問

質問する

お問い合わせ

お問い合わせ

3PL・物流アウトソーシングなら鈴与  
輸送から倉庫保管、倉庫内オペレーション、国際物流までワンストップ対応

HOME> » カテゴリー » 化粧品物流サービス

輸入化粧品のマーケット市場/化粧品の輸入に必要な準備とは?

2020.10.29

海外から日本へ、化粧品はどれぐらい輸入されているのでしょうか?

その現状を探るとともに、化粧品を輸入する際に必要な手続きやライセンスについて取り上げてみたいと思います。

 

化粧品の輸入は日本国内でどれくらいされているの?

化粧品(精油、調製香料、化粧品、みがき剤及び洗剤)の輸入額は、財務省貿易統計によると、

通年で3年連続過去最高を更新しています。最新の統計結果によると、2019年の輸入額は前年比3.6%増の4,928億円に達して、

当年が過去最大となっています。

内訳をみてみますと、2019年の輸入相手国は全部で94カ国です。輸入額4,928億円のうち、フランスが17.2%を占めて

最も大きく、次いで中国16.2%、米国14.2%、タイ10.4%の順であり、これら上位4ヵ国で全体の6割近くを占めています

上位4カ国には含まれませんでしたが、近年、韓国、ベトナムなどアジア地域の伸びが顕著となっているのも特徴です。

2020年度は新型コロナウイルスの感染拡大による世界経済の低迷が主要因として、輸入化粧品の取扱額は減少する

見通しとなっており、化粧品の国内市場も縮小する傾向となっています。

しかし、新しい生活様式に合わせた商品のリリースや、ECでの販路拡大など新たな動きも活発化しており、

今後の動向に注目していきたいところです。

 

化粧品を輸入・販売するには、日本国内でまず何をすればいいの?

それでは、海外化粧品を日本で輸入・販売するには何が必要でしょうか

化粧品は、日本国内の法律で、医薬品医療機器等法(薬機法)の規制対象となっているため、

化粧品の輸入・販売を行うためには、「化粧品製造販売業」と「化粧品製造業」のライセンスを取得する必要があります。

また、これらのライセンスに基づく行為は他社に委託することも可能です。

 

「化粧品製造販売業」

化粧品の海外から輸入、製造業者の管理、日本市場への市場出荷判定をするために必要な許可です。

化粧品製造販売業者が、市場で販売されるうえでの製品に対する最終責任を負うため

自社で輸入販売する場合のほかに、他社に製造を委託している場合についても、その品質を保証する責任があります。

 

「化粧品製造業」

化粧品を製造するために必要な許可です。輸入化粧品の場合、国内で製造するわけではありませんが、

薬機法上は、国内での二次加工・包装・表示・保管行為も製造工程の一部と位置づけられているため、

取扱には「化粧品製造業(一般区分/包装・表示・保管区分)」の許可が必要となります。

 

<例>

①自社で化粧品を輸入し、自社で保管・加工作業して市場へ出荷する

 →「化粧品製造販売業」「化粧品製造業」の両方のライセンスが必要

②他社に化粧品の輸入を委託し、自社で保管・加工作業して市場へ出荷する

*市場出荷判定は化粧品製造販売業者が行う

 →「化粧品製造業」のライセンスが必要

③自社で化粧品を輸入し、他社で保管・加工作業して市場へ出荷する

 →「化粧品製造販売業」のライセンスが必要

 

鈴与では、化粧品製造業許可のライセンスを取得した倉庫を保有しており、

輸入の通関手続きから倉庫での保管、加工作業、国内配送までワンストップサービスのご提供

が可能です。ぜひ、一度お問合せ下さい!

▼化粧品製造業許可取得倉庫

※化粧品製造業(包装・表示・保管)4拠点

※化粧品製造業(一般区分)     1拠点

鈴与のワンストップ化粧品物流サービス

 

化粧品を輸入するための許可を取得したら、何をすればいいの?

化粧品を輸入するために化粧品製造販売業を取得した後は、輸入時までに以下の届出を行うことが必要となります。

**注意**

法令の改正や各都道府県での対応が異なる場合もありますので、最新の情報については各専門機関や行政にお問合せ

頂けますよう、お願い致します。

 

①化粧品(外国製造販売業者・外国製造業者)届書

提出先:医薬品医療機器総合機構(PMDA)

(海外の製造業者または、製造販売業者が日本に現地法人等を置かず直接販売する場合に限ります。)

 

②化粧品製造販売届書

提出先:許可所在地の都道府県薬務所管課

 

③化粧品製造販売業許可証の写し・化粧品製造販売届書の写し

提出先:税関(通関時)

 

化粧品は薬機法の規制対象となっており、取扱いには十分な注意が必要です。

また、取扱う商品が化粧品ではなく「医薬部外品」に該当する場合は、異なるライセンスが必要となります。

こちらの記事も、ぜひ参考にしてみてください。

『医薬部外品』/『化粧品』の違いって何?

化粧品オーガニックコスメとは?取扱の注意点とは?

2020.07.02

オーガニックコスメ(化粧品)とは?

 

「オーガニックコスメ(化粧品)」という言葉はよく耳にすることがあるかと思いますが、

具体的にはどのような化粧品なのでしょうか?

 

一般的には、有機栽培で農薬や化学肥料を一切使わないで作られた植物を主原料とする化粧品

のことを指します。

オーガニック化粧品と名乗るためには、第三者機関の定めた認定が必要になりますが、

実はオーガニック化粧品には世界統一基準というものは無く、それぞれの認証団体が、

独自の基準で認証を行っているというのが現状です。

その理由として、化粧品に乳化剤や持続性が高い防腐剤など、どの成分を「使用可」とするかの

判断により、その基準や考え方が団体によって異なっているからなのです。

 

また、昨今は環境に配慮した企業活動に取り組む動きが活発化しており、フェアトレードや

リサイクルに目を向けた会社の経営理念なども注目されています。オーガニック化粧品ブランドも、

肌への優しさを追求するだけでなく、環境にも優しいことをコンセプトとしている企業も多く、

そういった観点からオーガニック化粧品を選ぶ消費者も増えています。

 

主要なオーガニック認証とは?

 

主に、海外で発達してきたオーガニック化粧品は、1990年代にさまざまな

オーガニック化粧品認定基準が出来上がりました。 フランス、ドイツ、アメリカなど、

オーガニックコスメの公的認証機関が早い時期から設立しており、 その認証を受けることで、

オーガニック化粧品と名乗る、といった図式が生まれました。

欧州では、代表的な認証基幹である「BDIHD(独)」、「COSMEBIO(仏)」、

「ECOCERT(仏)」「ICBA(伊)」「英国土壌協会(英)」の5団体により

認証機関「COSMOS」が設立され、2017年より5団体間での統一コスメ認証基準が

実施されています。また、アメリカでは、日本の有機JASにあたるUSDA Organicが有名です。

もともとオーガニック食品基準であるUSDAですが、化粧品に対しても採用されることが

多くなっています。

 

一方、日本では、2000年に入ってからオーガニック化粧品の認知が始まり、少しずつ

日本のオーガニック認証機関は創立している状態ですが、法規制や法で定める基準はありません。

日本でオーガニック認証を発行している団体は、JONA(日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会)、

JOCO(日本オーガニックコスメティック協会)、エコフィット、AFAS(株式会社アファス認証センター)

などがあります。

 

オーガニック化粧品の輸入・販売・取扱の注意点は?

 

日本では、「オーガニック化粧品」に特定した法規制はありませんが、「オーガニック化粧品」も

「化粧品」にあたるため、輸入して販売するには、医薬品医療機器等法のもと「化粧品製造販売業」という

ライセンスの取得が必要となります。また、国内製造/海外から仕入れた輸入化粧品を市場で

販売するまでの流通において、化粧品の流通加工や保管も医薬品医療機器等法で『製造業』と

定義されているため、「化粧品製造業」というライセンスが必要となります。

*詳しい内容はこちらをご覧ください。

化粧品の取扱いに必要なライセンスとは

 

また、オーガニック化粧品の場合、防腐剤を使用していないことが多いため、一般細菌やカビなどを

検出しやすいため、長期の輸送や温度変化にも注意が必要です。

 

そのため、オーガニック化粧品を倉庫で保管の際は、

(1)化粧品製造業ライセンスを取得していて、

(2)温度管理をしている

ことが、必要になると考えられます。

 

鈴与では、輸入化粧品の通関手続きから保税倉庫、国内搬送のワンストップサービスのご提供が可能です。

鈴与のワンストップ化粧品物流サービス

また、鈴与は、全国4拠点にライセンスを取得した倉庫を保有しております。

▼化粧品製造業(包装・表示・保管)4拠点

▼化粧品製造業(一般区分)1拠点

『医薬部外品』/『化粧品』の違いって何?

2020.04.15

皆さんは「医薬部外品」「化粧品の違いをご存知でしょうか。どちらも私たちの生活の中で、よく見聞きするものではありますが、実際に「医薬部外品」と「化粧品」がどう違うのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は医薬部外品・化粧品の定義、またどういう製品がそれに当たるのかをご説明し、鈴与での化粧品サービスの取り扱いについて併せてご紹介させていただきます。

 

1.医薬部外品・化粧品のちがいは?

ワタシたちが普段使っている製品は、医薬品医療機器等法(薬機法)によって「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3つに分けられ、人に対する有効性が高い順に医薬品>医薬部外品>化粧品になります。

 

医薬部外品

医薬部外品とは、医薬品と化粧品の中間的分類で、厚生労働省が許可した有効成分が一定の濃度で配合されているもので、主に予防や衛生を目的とし、除菌や殺菌などの効果や効能を謳っている製品になります。

一般では小売店にて購入することができます。

 

例)

・あせも・肌荒れ・シミ・そばかす予防の薬用ボディローション

・体臭・口臭などの臭い対策の薬用歯磨き粉ボディスプレー

・発毛・育毛効果を期待する育毛・除毛剤

・手などを除菌する除菌ジェル

 

化粧品

化粧品とは、容姿を整えるため化粧に用いる品目の総称で、身体を清潔にしたり、見た目を美しくしたりするという目的で、身体に塗布・散布などを行う製品になります。効果や効能は緩やかなものに限られます。

 

例)

・皮膚や毛髪を健やかに保つシャンプーやリンスなどの洗髪料、スキンケア用品

・身体を清潔に保つ石鹸、入浴剤、歯磨き粉

・人の身体を美化し魅力を増進させる口紅、マスカラなどのメイクアップ製品

 

*「薬用化粧品」は化粧品と医薬品の中間的な存在、即ち医薬部外品になります。化粧品としての期待効果に加え、さまざまな有効成分が含まれたものを言います。

 

2.倉庫で化粧品を扱う時の注意点

市場出荷判定前の化粧品、加工を伴う化粧品を倉庫では扱う場合には、薬機法に基づいた運用が必要となります。

薬機法では、倉庫で行う製品の流通加工=「製造行為」と定められており、製造行為を行うには、製造業の許認可が必要となります。そのため、この免許を取得していない場所で、製造行為を行うと、薬事法違反となるので注意が必要です。

また、輸入化粧品は製造業の許可を受けた場所で必ず市場への出荷判定をする必要がありますので、

通関業・製造業を持っている倉庫であれば、ワンストップで輸入通関から製品保管、流通加工、市場出荷判定を行うことができます。

 

3.薬機法ってなに?

薬機法は、2014年に薬事法改正によって名称が変更となり、

正式な名称は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」です。

その名の通り、「品質、有効性及び安全性を確保する」だけでなく、「保健衛生上の危害の発生及び拡大の予防」、「指定薬物の規制」などを目的とし、製造、表示、販売、流通、広告など広範囲にわたって定めた法律になります。

その中には、地方薬事審議会、薬局、医薬品等の製造販売業及び製造業、登録認証機関、医薬品の取扱い、

医薬品等の広告、生物由来製品の特例等が細かく書かれています。

薬機法の中で医薬部外品は第2条2項、化粧品は第2条3項に定義が定められています。

医薬部外品、化粧品と併せて販売されている「健康食品」は健康の保持増進に役立つ食品ですが、

薬機法上の定義はなく、一般食品と同じ扱いとなっています。

 

化粧品製造業(包装・表示・保管)4拠点

東扇島物流センター

神奈川県川崎市川崎区東扇島14-3

富士山フロント物流センター

静岡県富士市大渕字城山2261-5

◆浜松物流センター 

静岡県浜松市東区流通元町628-1

西宮物流センター

兵庫県西宮市西宮浜1-2

 

化粧品製造業(一般区分)5拠点

静岡県富士宮市エリア4か所、静岡県牧之原市1か所

鈴与グループ富士宮通運株式会社では、化粧品・健康食品・医薬部外品の品質特性に配慮した製造加工作業を請け負っています。また化粧品・医薬部外品製造許可(一般区分)を取得しており、充填から最終工程(包装・表示・保管)まで行うことができます。

 

▼こちらも是非ご一読ください!

鈴与の化粧品物流サービス

化粧品物流サービス関連ブログ

 

 

化粧品の取扱いに必要なライセンスとは?

2020.03.12

今回は化粧品を販売するまでに必要なライセンスについて取り上げてみます。

昨今では、ECサイトやSNSなどの販売チャネルの拡大に伴い、

異業種の化粧品参入やスタートアップ企業が増加傾向にあります。

新規事業として化粧品を取扱うことを検討されている方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

鈴与の化粧品物流サービス

 

1、日本における化粧品の定義とは?

まず「化粧品」の定義を確認してみましょう。医薬品医療機器等法では次のように定義されています。

人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を

健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが

目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なもの”
 

具体的には化粧水乳液のような基礎化粧品、口紅ファンデーションのようなメイクアップ用品の他にも、

石鹸、香水、歯磨き粉、シャンプーなど、直接身体に使用する製品も化粧品に該当します。

ただし、日本において一般に使われている化粧品は、法令によって化粧品と薬用化粧品の二つに分けられます。

薬用化粧品は、美白や肌荒れの防止といった、特定の効果が期待される有効成分が含まれており、

医薬部外品として位置付けられています。取扱う商品が、「化粧品」か「医薬部外品」かによって、

適用する法令および取扱方法が異なりますのでご注意ください。

続いて、「化粧品」の流通、販売に必要なライセンスについてご紹介していきます。

 

2、日本で化粧品を販売するために必要なライセンス(化粧品製造販売業許可)とは?

日本で自社のオリジナルブランド化粧品を自社販売する場合や海外メーカーから直接化粧品を

輸入して販売する場合には、「化粧品製造販売業」というライセンスの取得が必要となります。

このライセンスは自社で取得するかOEMメーカーなどの他社に代行していただくことが可能です。

鈴与では、化粧品製造販売業許可のライセンスは保有しておりませんので、輸入代行は受託できませんが、

代行会社のご紹介、輸入品の通関手続きから保税倉庫、国内搬送のワンステップサービスのご提供が可能です。

ぜひ、一度お問合せください!

鈴与のワンストップ化粧品物流サービス

 

3、日本で化粧品を製造するために必要なライセンス(化粧品製造業許可)とは?

国内製造/海外から仕入れた輸入化粧品を市場で販売するまでの流通において、

化粧品の流通加工保管も医薬品医療機器等法で『製造業』と定義されているため、

化粧品製造業」というライセンスが必要です。
 

この化粧品製造業許可には「一般」と「包装・表示・保管」の2つの区分があります。

一般区分・・・原料の秤量、混合、充てんなどの行為を行う場合

(容器などに直接中身を詰める工程となります)

包装・表示・保管区分・・・容器等への充填まで行われた中間製品に対して、

法定表示(シール貼付)、ロット印字、完成品の保管等を行う場合

また、全ての化粧品は化粧品製造業許可を受けた場所で、必ず「市場出荷判定」が必要となります。
 

化粧品製造業許可の取得には、人的要件(薬学又は化学の専門課程を修了した責任技術者)

と構造設備要件(取扱品目を衛生的に貯蔵する設備)が必要となりますが、

鈴与は、全国4拠点にライセンスを取得した倉庫を保有しております。

※化粧品製造業(包装・表示・保管)4拠点

※化粧品製造業(一般区分)1拠点

お客様の出荷分布や必要な加工内容に応じて最適な物流センター立地をご提案いたしますので、

ぜひ、一度お問合せください! 

 

輸入化粧品の販売、国内化粧品でもセット販売、海外へ輸出する場合には、

上記のようなライセンスが必要となる場合があります。

新規事業で化粧品を取扱うことをご検討の方は、ご注意ください。

 

鈴与は日本全国、海外に倉庫ネットワークを構えております。

ご興味ある方はまずはお気軽にお問い合わせフォームまたは

お電話(03-6404-8989)にてお問い合わせください。 弊社サービスの詳しいご案内をさせていただきます。

 

▼関連ページ

3PLホームページ/化粧品

化粧品物流ブログ/化粧品物流

化粧品物流ブログ/化粧品製造業

化粧品の保管に必要な危険物倉庫とは?

2020.02.13

 

今回は化粧品に関わる危険物倉庫について取り上げてみます。

一定量以上の危険性のある物質を有する製品は、一定の要件を満たす危険物施設以外の場所では保管、取扱い、

輸送することが出来ません。危険物に該当する製品を輸出入する際、国内倉庫で保管する際、

航空便を利用する際には注意が必要です。危険物に関連する法律は総務省/消防庁が管轄する消防法

国土交通省が管轄する海上法、航空法にて定められています。

 

1.危険物にはどのような種類があるの?

ではどのような物質が危険物に該当するのでしょうか。

アルコール、オイル、アセトン、エアゾール etc.

製品の成分容量によって危険物に該当するか否かは決まり、消防法上の危険物かの判断は消防庁のHPから

フローチャート分類で確認することができます。また、国際輸送上の分類はSDSUNコード欄を確認するとわかります。

*SDS(Safety Data Sheet)/安全データシート;化学物質の危険有害性情報を記載した文書のこと

 

2.危険物倉庫ってなに?

危険物倉庫は「消防法」によって定められている「危険物」とされるものを保管する施設を指します。

消防法では危険物を扱う施設について大きく分けて3種類あります。危険物倉庫はこの3つ目の「貯蔵所」にあたります。

  • 製品を製造する「製造所」
  • ガソリンスタンド、車のオイル販売店などの「取扱所」
  • 危険物倉庫、タンクローリーなどの「貯蔵所

危険物を扱う倉庫を使うためには、法律に従って施設の設備や管理者などを整備したうえで、消防庁もしくは

他の定められた機関に貯蔵・取扱の種類数量を申請し、許可を得る必要があります。各市町村などの条例や規則で

定められている場合があるので施設の消防署へも確認が必要です。

鈴与は全国に拠点を構えていますが、静岡などに危険物倉庫を所有している拠点があります。

 

3.化粧品でも危険物にあたる製品があるって本当?

一般的な化学物質同様、化粧品も法令上の危険物に該当する可能性があります。例えば化粧品の原材料の

いずれかが以下の例に該当する場合、化粧品(製品)そのものも危険物として規制の対象となります。

 

「それ自体は燃焼しないが、他の物質を強く酸化させる酸化性固体」、「火炎により着火しやすい固体」、

「比較的低温(+40℃未満)で引火しやすい可燃性固体」、自然発火性物質、禁水性物質、引火性液体、

自己反応性物質、酸化性液体など様々な種類があります。

 

具体的なカテゴリですと、

・香水、ネイル、クレンジングオイル、ヘアオイル(アルコールやオイルを多く含むもの)

・除光液(アセトン製品)

・スプレー缶(エアゾール製品)

などが挙げられます。

 

驚いたのは我々が毎日のように使っている化粧品も危険物に該当するものがあるということです。

もちろん製品を使用することで、我々の肌に危険というわけではありませんが、製品の保管時には

規制対象物質に対する保管基準を満たした危険物倉庫を利用する必要があることを覚えておいてください。

 

関連ページ

▼鈴与の化粧品物流サービス

▼化粧品物流サービスの関連ブログ