資料請求

資料請求

よくある質問

質問する

お問い合わせ

お問い合わせ

3PL・物流アウトソーシングなら鈴与  
輸送から倉庫保管、倉庫内オペレーション、国際物流までワンストップ対応

HOME> » カテゴリー » 通販物流サービス

EC通販でご購入者様の心を掴むカギとは⁉

2021.05.10

オーダー受注後~お客様の元へ商品が届くまでの日数が重要!

前回のブログ(コロナ禍で加速するEC/通販需要!抑えておきたいEC)でも紹介しましたが、

現在日本におけるBtoC-EC市場規模は年々拡大しており、さらに新型コロナウイルスの影響もあり、

EC通販の利用者は増加傾向にあります。店舗に買いに行かなくても、必要なものが簡単に手に入る

利便性の高さが利用者の増加の要因の1つとなっています。

そのため、お客様が欲しい商品が必要なタイミングまでにきちんと届くということが

通販の運営ではとても重要になってきます。

 

▼鈴与の通販・EC物流サービス

鈴与の通販・EC物流サービスでは、入荷から出荷までフルアウトソーシングができます。

 

 

リードタイム短縮のメリットは顧客満足度の向上だけではない!

具体的にリードタイムを短縮することでどんなメリットがあるのでしょうか。

顧客の要望に応えるだけではなく、通販事業者側にも実は大きなメリットがあります。

ここでは3つのメリットを紹介させていただきます。

 

顧客満足度の向上

まず一番に、リードタイムの短縮は顧客満足度の向上に繋がります。

最近では、「当日配送」を行う店舗も増え、より早く受け取りたいという顧客ニーズが高まっています。

特に、日常的に利用することの多い食品、日用雑貨は、お客様が必要な時までになるべく早くお届けすることが、

他社との差別化、競争力の強化に繋がります。

 

在庫圧縮による保管コストの削減

また、通販事業者側のメリットの1つ目として、受注から発送までの時間を短縮することで、

余分な在庫を抱える必要がなくなります。

入庫から出庫の期間を短くすることで、在庫を最小限に抑え、保管スペースの圧縮につなげることが可能です。

 

物流拠点の最適化による配送コストの削減

現状の物流拠点の立地が納品エリア分布を考慮した場所でない場合、

必要以上に配送日数および配送コストがかかっている可能性があります。

通販事業者側のメリットの2つ目は、最適な立地で物流拠点を構えることで、

配送日数の短縮はもちろん、配送コストの削減にも繋げることが出来ることです。

 

納品リードタイムってどうすれば短縮できるの?

では、リードタイム短縮のためにはどんなことができるのでしょうか。

ここでは弊社が提供しているサービスを3つ紹介していきます。

 

最適立地のご提案

弊社では、全国145ヶ所、30万坪の物流センターからお客様にとって最適な物流拠点を選定させていただきます。

出荷実績に基づくデータ分析を行い、リードタイムの短縮を考慮した物流センターにてご提案をさせていただきます。

 

▼鈴与の最適立地分析

 

 

▼鈴与の物流拠点一覧 

 

物流のプロだからできること|最適な保管方法・効率的な作業工程のご提案

弊社では、化粧品・コスメ、健康食品・サプリ、食品、雑貨など、多種多様な商材を幅広く取扱いしてきた実績

生かし、お客さまのコスト削減に繋がる物流センターでの保管方法や作業工程のご提案をさせていただきます。

 

▼鈴与の通販・EC物流サービス

BtoBとBtoCを一元管理することで在庫圧縮削減、コスト削減、リードタイム短縮など、

効率的な物流サービスをご提供します。

 

 

 

 

物流波動への対応

季節やイベント、販促活動等で一時的に物量が増加する際に、納品が遅延するケースが発生してしまうといったケースがあるかと思います。

弊社では、各センターの作業員を柔軟に調整して、急激な物量増加にも対応しています。

貴社にとって貴重なお客様へご満足いただけるよう、確実にできるだけ早く、お客様の元へ商品の発送を行います。

 

こちらのブログも是非ご一読ください!

▼物流拠点の見直しでコスト削減!倉庫の最適立地とは?

 

▼EC事業者必見!通販物流をアウトソースするメリットとは?

コロナ禍で加速するEC/通販需要!抑えておきたいEC/通販市場

2021.04.19

ECとは、Electronic Commerce=電子商取引を意味し、

インターネット上でモノやサービスを売買すること全般を指します。
コロナ禍が続き、昨今では購入者として利用することが増えているかと思いますが、
販売者としてEC事業を運営する場合にはわからないことが沢山あるのではないでしょうか。
今回は、EC市場がどのくらいの規模なのか、販売者として利用するときのメリット等を取り上げてみます。

 

日本のEC市場規模はどのくらいなの?

◆通販・ECの国内市場の推移

 

富士経済グループの調査によると、ECは、通販形態市場全体の8割以上を占め、

2020年度の市場規模は10兆7,144億円と見込まれており、通販市場の中でも今最も拡大している市場です。

新型コロナウイルス感染拡大による影響もあり、2021年には市場規模13兆955億円となることが予測されており、

インターネットを利用した商取引は右肩上がりで、市場内の競争も年々激化している状況です

 

EC市場において、2019年までは「アパレル」や「電化製品」などの市場が拡大していましたが、

コロナ禍では「食品」や「生活雑貨」の市場が大きく拡大しています。ネットスーパーの普及や、

配送サービスの拡充まとめ買い需要などにより、2021年もこの傾向がさらに加速していくと見られています。

 

 

なぜECが伸びているの?市場拡大の背景は?

ECは年々市場が拡大していますが、なぜこんなにも市場が拡大しているのでしょうか?

その要因を3つ取り上げてみます。

 

非接触での買い物需要増加

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、感染リスク回避のために非接触での買い物の需要が増しています。

安心・安全に買い物ができることに加え、場所や時間を選ばずに自宅にいながら買い物ができることから、

利便性の観点でもECの利用率が高まっています。

 

スマートフォン利用者の増加

スマートフォンの普及率は年々増加傾向にあります。EC市場においてもスマートフォンを利用して

買い物を行う人が増えており、アプリの利便性向上や、支払い方法の多様化などから、

「誰でも」「簡単に」買い物をすることが可能となり、今後もスマートフォンの利用が高まっていく

見込まれています。

 

SNS活用の増加

近年ではFacebook、Instagramなどの利用により、顧客との接点や関係づくりに活用する企業が増え、

売上を拡大している事例がでてきています。またブログやYouTubeなどの動画を活用し、

売り手の伝えたいことだけを一方的に伝えるのではなく、ユーザーの役立つ情報を提供し、

選んでもらうようにしている「コンテンツマーケティング」も拡大しており、

ブランド・商品に対するユーザーの認知度・信頼性を高める目的として活用されています。

  

▼鈴与の通販物流について詳細をみる

 

ECを使うと売り手はどんなメリットがあるの?

ECでの商品販売は、実店舗での販売と比べ、どんなメリットがあるのでしょうか。

ここではポイントを3つ挙げさせていただきます。

 

販売エリアを制限することなく、全国・世界へビジネス展開できる

店舗を構えて商品を販売する場合、出店しているエリアによって集客に縛りが出てくるため、

人口が少ない地域や人通りが少ない場所では売上拡大が難しい場合があります。

しかし、ECの場合は販売エリアに制約がなく、国内のみならず海外まで幅広く、

多くの人に商品を販売することができます

 

24時間365日営業することができる

店舗を構える場合、年末年始や早朝・深夜等、テナント施設等の都合で営業時間に制限が出てきますが、

ECであればサイトが公開されている限り時間の制限なく商品を販売することができます

もちろんメンテナンス等により、ECサイトを一時的に閉鎖する必要が出てくることもありますが、

実店舗に比べ、長く販売期間を設けることができます。

 

購買データ活用による戦略的販売ができる

ECでは、注文情報から誰が、いつ、何を購入したかというデータを蓄積することができます。

そのデータを活用し、顧客の行動分析が行えるため、固定客を増やすためのリピート施策を

効率よく展開できることがECの強みです。上手く活用することが出来れば、

安定した売り上げを実現することができます。

 

ECで商品を販売する際の注意点とは?

ECでの商品販売はメリットだけがあるわけではありません。

ECは比較的参入しやすく、同業や同種がひしめいているため、競争が激化しています。

他社との差別化を図るために価格競争も起きやすく、購入者もネット上であれば簡単に

商品の比較検討ができてしまいます。商品やブランド自体のコンセプトを明確にし、

ターゲットとなる消費者に対して、商品価値をしっかりと提供していくことが重要です。

 

さらにECでは、個人情報の取り扱いに関しても注意が必要です。個人情報には氏名や

住所のような個人を特定できる情報のほか、銀行口座やクレジットカード番号といった支払情報も

含まれており、昨今では、不正アクセスなどの被害にあう可能性も十分考えられます。

海外では国独自の法律が施行されており、EUは諸外国のなかでも特に個人情報保護の意識が高く、

2018年には従来の法令より規定内容・罰則を大幅に厳格化したGDPR(EU一般データ保護規則)が

施行されました。ビジネス規模の大小に関わらず、顧客データの管理を含めたセキュリティ対策は

事前にしっかりと考えておきたいですね

 

▼こちらの記事も是非ご一読ください!

 

鈴与では、通販物流出荷個数300万個/年の実績があり、化粧品・コスメ、健康食品・サプリ、食品、雑貨など、

さまざまな商材に幅広く対応しています。全国145ヶ所、30万坪の物流センターから最適な立地にて、

リードタイムの短縮と配送コストの最適化を図ります。

また、当社は物流(倉庫保管・流通加工・発送業務)だけでなく、サイト制作・ささげ・コールセンターなど

手間のかかるバックヤード業務もサポートをしております。お客様のご要望に合わせてシステム構築を含めた

ご提案をさせていただきます。

 

▼鈴与の3PL

BtoBとBtoCを一元管理することで、効率的な物流サービスをご提供します。

 

 

▼鈴与の通販・フルフィルメントサービス

鈴与の通販・EC物流サービスでは、入荷から出荷までフルアウトソーシングができます。

 

 

 

EC事業者必見!通販物流をアウトソースするメリットとは?

2021.02.09

スマートフォンの普及や在宅時間の増加に伴って、インターネットでの買い物の需要が高まっていることもあり、

昨今多くの企業がEC業界市場に参入し、ECの市場規模は年々成長してきています。

今回は、そんなEC物流について取り上げてみます。

 

ECとは

ECとはElectronic Commerceの略で、電子商取引、つまりはインターネットを介して行われる商品や

サービスのショッピングのことを指します。「ネットショップ」「インターネット通販」等の言葉を

総称したものがECであると考えれば良いかと思います。ECは店舗へ足を運んで商品を購入するのではなく、

インターネット上で商品の売買が行われます。

 

取引の種類は大きく次の3つに分類されています。

  • 企業間取引:BtoB
  • ネットショップに代表される、企業⇔消費者間の取引:BtoC
  • オンラインオークションに代表される、消費者間取引:CtoC

 

インターネット上で買い物をする場合、物流というと商品を購入者の手元に届けるための

「配送」に注目しがちですが、その他にも「在庫保管」、「流通加工」、「発送業務(商品梱包)」なども

不可欠な対応となります。EC物流は、それら一連のプロセス全体を指すものとして考えられています。

 

 

EC物流の特徴とは

EC物流は大きく次の4つの特徴が挙げられます。

 

1)1件あたりの物量が少ない

ECは個人顧客への出荷が主となるため、1件あたりの注文数は少ないのが一般的です。

健康食品や化粧品など、定期的に消費されるような商材は、「定期購入販売」を行っていることもあり、

毎月の注文数が一定数得られます。

 

2)ギフト対応が求められる

ECでも贈り物として送付したい等「ギフト対応」の需要も特徴の一つです。

ギフトの内容としてはのし掛け、ギフトボックス、ラッピング、リボン掛け、メッセージカード、名入れ等、

様々な種類があります。各オーダー/顧客に合わせた対応を行わなければならず、

出荷作業の際はミスのない対応力が必要となります。

 

3)スピーディーな出荷対応が求められる

商品を注文してから届くまでが短いことは購入者の満足度向上に繋がります。

受注カット時間をどこまで延ばせるか」「納品リードタイムの短縮」を考慮することがポイントになります。

 

4)顧客ごとの販促対応

ECでは顧客満足度を高め、固定客を増やすことがビジネスの安定に繋がります。

よく導入される事例として、顧客のランク(購入頻度や購入金額)に応じて、異なるチラシやノベルティを

同梱することが挙げられます。こうした個別対応が求められるのもEC物流ならではです。

 

▼流通加工のアウトソース!業務負荷軽減&顧客満足度UPをねらいませんか?

 

EC物流業務をアウトソースするメリット

EC事業者は物流業務を内製化されているお客様はアウトソースすることで「コストアップしてしまう」、

「自社の物流が見えなくなくなってしまう」等ためらいを感じていないでしょうか。

アウトソースすることでどんなメリットが得られるのでしょうか。

 

1)業務効率化

自社で出荷対応をしている場合、物量が一時的もしくは恒常的に増えた時に従来の業務に

手が回らなくなること多くあります。この状態が続くと、売上を上げるための施策に十分な時間や人材を

充てられなくなり、伸びていた売上が停滞することにもなりかねません。物量が一定量を超えてきた場合は

専門の物流会社にアウトソースするほうが効率的と考えます。

 

2)品質向上

ECでは梱包不備、誤配などのトラブルがあった場合、購入者の評価が直接的に商品やブランドへの

評価に繋がるため、商品が購入者の手元に届くまで高い物流品質が求められます。

物流品質も直接顧客満足度の向上やリピート購入に繋がることがあり、売上にも影響すると言えます。

豊富なノウハウや経験をもつ物流のプロフェッショナルに依頼すれば、高品質のサービスを提供してもらえ、

結果として顧客満足度の向上に繋がると考えます。

 

▼通販に欠かせないフルフィルメントサービスを活用しませんか?

 

 

鈴与のEC物流サービス

鈴与では、通販物流出荷個数300万個/年の実績があり、化粧品・コスメ、健康食品・サプリ、

食品、雑貨など、さまざまな商材に幅広く対応しています。全国145ヶ所、30万坪の物流センターから

最適な立地にて、リードタイムの短縮と配送コストの最適化を図ります。また、当社は物流(倉庫保管・流通加工・

発送業務)だけでなく、サイト制作・ささげ・コールセンターなど手間のかかるバックヤード業務も

サポートをしております。お客様のご要望に合わせてシステム構築を含めたご提案をさせていただきます。

 

鈴与の通販・EC物流サービス 

鈴与の通販・EC物流サービスでは、入荷から出荷までフルアウトソーシングができます。

鈴与の通販フルフィルメントサービス

鈴与の通販フルフィルメントサービスでは、発送業務だけでなく、サイト制作・ささげ・コールセンターなど、

手間のかかるバックヤード業務を効率化します。

物流アウトソーシングを利用してコアビジネスに集中しませんか?

2020.09.30

EC事業者の方が多く使う「発送代行」という言葉は、一般的には荷物の発送を含めた物流のアウトソーシング

ことを指します。コロナ禍でECの利用が増加する中、これまで自社で行ってきた発送作業のアウトソースを

検討している事業者が増えています。

ここでは、発送代行サービスを利用するメリット、さらには化粧品を発送代行する場合の注意点をご紹介していきます。

 

発送代行とは?

発送代行とは、単に商品の発送を代行するだけではありません。

商品を適切な管理方法で保管し、小売店や個人の顧客などの指定された場所に発送するまでの、一連の業務を

行うことが発送代行サービスです。請負う業者によって異なる場合もありますが、物流業者は以下のような業務を

行うことが可能です。

 

「入荷」仕入れた商品を検品し、倉庫に保管すること

「保管」商品の品番やロット番号、数量を適切な方法で管理すること

「流通加工」商品にラベル貼りやセット組みなどの作業を施すこと

「ピッキング・梱包」受注オーダーに基づいて商品を発送用に梱包すること

「発送」商品を指定された場所に宅配業者を通じて届けること

「在庫管理」商品のモノと情報の流れをシステムを利用して管理、サポートすること

 

このように発送代行とは、仕入れた商品が顧客に届くまでの中間的な管理のすべてを行うサービスです。

 

▼流通加工についての詳しい内容はこちら

「流通加工のアウトソースで、業務負荷軽減&顧客満足度UPをねらいませんか?」

▼物流システムについての詳しい内容はこちら

「お客様の安心・安全をサポート !期限やロットの追跡管理はできていますか?」

 

 

発送代行のメリットとは?

発送代行に物流の業務を委託すると、製品の保管、包装、梱包、データ管理、出荷までの業務を一括で委託できます。

このことによって得られるメリットを3つご紹介します。

 

①出荷量が多くても発送作業のミスが最小限に

少人数で発送代行作業を行っていると、誤発送などのミスや作業の遅れなどが生じ、お客様への満足度が低下する

恐れがあります。物流業者は発送作業を効率的かつ正確に行うための作業環境を整え、専用のシステムで運用を

行っています。鈴与では出荷量の波動にも対応ができ、確実な発送・納品が可能です。

 

②コアビジネスの商品企画・販売業務に専念できる

ECサイトの売上が伸びるにつれて、それに合わせて発送作業にも人員・スペースが必要となります。セール期間などに

大量のオーダーが入る度に社員総出で出荷作業を行うなどは、出来れば避けたいものです。発送代行業務をアウトソース

していれば、商品の発送作業に貴重な人員や時間を割くことなく、コアビジネスである商品企画販売業務に注力し、

更なる事業拡大に取り組むことが可能です。

 

③発送代行費用が変動費に

自社で発送代行を行っていると、人件費・設備費・スペース費用が固定費として負担し、見える化されていません。

しかし、物流業者にアウトソースすれば、発送代行に関する費用は売上に応じた変動費となるため、

キャッシュフローの改善に繋がります。

 

化粧品の発送代行サービスを選ぶ時のポイントとは?

化粧品を取扱っているEC事業者の方が発送代行業者を選ぶ際には注意が必要です。

化粧品の保管やラベル貼り、セット組みなどの流通加工作業を行う際、特に輸入化粧品の場合は、

医薬品医療機器等法(薬機法)で『化粧品製造業』が関係するため、化粧品製造業許可のライセンスが必要です。

 

▼化粧品製造業についての詳しい説明はこちら

化粧品の取扱に必要なライセンスとは?

 

鈴与では、全国に薬機法ライセンスを取得した倉庫を保有しております。

※化粧品・医薬部外品・医療機器製造業(包装・表示・保管

※化粧品・医薬部外品製造業(一般区分

 

EC事業者の方で、化粧品の発送代行を検討している方、輸入化粧品の取扱いを検討されている方は、

一度弊社までお問合せください!

通販に欠かせないフルフィルメントサービスを活用しませんか?

2020.08.04

フルフィルメントという言葉を聞かれたことはあるでしょうか?

一般的にはECで商品を発注してから商品が消費者の元に届くまでに発生する、業務全般を指す言葉です。

新たにEC事業を始めたい、でもどんな業務が必要になるか、わからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はその業務を行う通販フルフィルメントサービスとはどういうものかを考えてみましょう。

 

ECってなに?

EC(electronic commerce)とは日本語訳では電子商取引と言います。

インターネット上で商品やサービスを売買することすべてを指します。

一般的にはネットショップやインターネット通販のことと捉えられており、

今や日常的に使われているサービスとして私たちの社会に浸透しています。

 

ECには①企業同士の取引、②ネットショップに代表される企業と消費者との間の取引、

③オンラインオークションに代表される消費者同士の取引の3つに分類されます。

 

食品、日用雑貨、衣類、家電から旅行商品まで一般的にも馴染みあるものであり、企業にも消費者にもメリットがあります。

また現代社会では、PCやスマートフォンから簡単に注文することができ、需要も非常に高まっています。

 

フルフィルメントってなに?

フルフィルメント(fulfillment)とは、

ECサイトでお客様が商品の発注をしてから、商品が手元に届くまでに発生する一連の業務全体を指します。

具体的には、以下の業務が含まれます。

 

◆入荷・検品

商品が物流倉庫に届き、商品のダメージ状態や数量を確認する作業です。

◆棚入れ・商品保管

入荷検品後、商品の物量や商材に応じて、中量棚、ネステナー等の保管機器を用いて保管します。

◆ピッキング・検品

出荷指示に応じて商品を棚から必要数量分取り出し、商品のロット/期限、ダメージがないかを確認します。

◆梱包・発送

商品が傷つかないように箱に詰め、梱包が完了したら、送り状を貼付して配送業者に商品を引き渡します。

◆コールセンター業務

お客様からの注文受付や注文情報の管理、お問い合わせがあったお客様の配達状況・決済状況の

確認、返品交換・クレーム対応などが行われます。

◆ECサイト制作

ECサイトの構築、サイト立ち上げ後の運営や保守を行います。

◆ささげ業務

ECサイトに載せる商品の撮影(さ)・採寸(さ)・原稿(げ)といった業務もフルフィルメント業務の一部です。

 

以上のように、通販に必要なバックヤード業務には様々なものがありますが、

商品開発や顧客獲得のための販促活動はフルフィルメントには含まれません。

フルフィルメントはあくまでの通販・ECサイトで商品が注文されてから

発送されるまでのバックヤード業務のことを言います。

 

フルフィルメントサービス導入によるメリットとは?

フルフィルメント業務は、ECサイトで商品を販売する上でとても重要な役割を担っています。

フルフィルメントサービスを利用することで、ノウハウを持った専門業者が発送手配や商品の管理を代行してくれるので、

新たにECビジネスを始めたいという企業でも、高いサービスレベルで安定的に顧客に商品を提供することが可能となります。

 

個人または自社で倉庫やコールセンターを持つとなると、立上げの準備、作業の人員・スペースの確保や維持管理に

多くの時間や労力がかかりますが、このサービスを利用することにより雑務に追われることなく、

本来行うべき商品の企画や開発、販売に専念することができます。

また、多種多様な決済方法や配送方法の導入も容易になるため、お客様のニーズに応えられ、顧客満足度もアップします。

 

 

フルフィルメントサービス導入における注意点とは?

①自社に合ったフルフィルメントサービスの選定

フルフィルメントサービスを提供する事業者はいくつもありますが、そのサービスの内容、種類、対応範囲、規模は

サービスによってさまざまです。小規模からスタートしたい、土日祝日を含め365日対応を行いたい、

マーケティング支援や顧客サポートを充実させたい等、

自社の要望や課題に対して適しているサービスを選定することが重要です。

現在自社が抱えている問題の何を解決したいのか、任せたいこと、任せてよいことが何なのかをしっかりと把握した上で

自社に最も適したフルフルメントサービス事業者を決定する必要があります。

 

②消費者とのコミュニケーション・動向確認の機会

フルフィルメントサービスの中のコールセンター業務を委託すると、

消費者とのやりとりの窓口はすべてコールセンターとなります。そのため、顧客と直接繋がる機会を失う可能性もあり、

顧客からの要望がダイレクトに届かなくなることは、消費者動向を知るうえではデメリットと言えます。

フルフィルメント業務委託先と、業務フローや作業確認を事前にしっかりと行い、オペレーションミスによる

クレームやトラブルを未然に防ぐことが大切です。

 

③フルフィルメントサービス利用における固定費用

フルフィルメントサービスを活用したからと言って、商品が必ず売れるという保証はありません。

業績に関わらず、固定費としてサービス利用料がかかるということ、

その費用感はどれくらいかということについてはしっかりと確認しておくことが大切です。

 

 

鈴与のフルフィルメントサービス

鈴与ではお客様のご要望に合わせて、フルフィルメントサービスをご提供しております。

倉庫での商品保管や発送対応、在庫管理といった倉庫内業務に加え、ECサイト制作、コールセンターなどの

バックヤード業務に関してもご提案が可能です。

 

フルフィルメントサービスにおける取扱い実績としては、

化粧品、健康食品、食品、雑貨等様々な商材の取り扱いがございます。

また、EC制作に関しても、弊社グループ会社“鈴与システムテクノロジー”ではHPの制作から導入まで一貫して、

お客様のビジネス形態やご要望に合わせて柔軟にサポート致します。

 

弊社では、お客様のニーズに合わせたソリューションをご提供させていただきますので、

フルフィルメントサービスに興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせフォームまたは、

お電話(03-6404-8989)にてお問い合わせください。 弊社サービスの詳しいご案内させていただきます。

 

▼関連ページ

鈴与の通販フルフィルメントサービス

鈴与の3PL