3PL・物流アウトソーシングなら鈴与  
輸送から倉庫保管、倉庫内オペレーション、国際物流までワンストップ対応

[受付時間]平日9:00〜18:00 [担当]鈴木
倉庫ネットワーク
作業品質
国内輸送
システム
国際物流
物流
コンサルティング
日用雑貨・
輸入雑貨
食品
ファインワイン
医療機器
自動車関連
化粧品
通販・EC
外資系雑貨卸会社様
サロン運営・
化粧品販売会社様
キッチンウェア
輸入販売会社様
HOME>ブログ記事一覧

【システム】庫内作業の品質・生産性向上の仕組み

こんにちは、鈴与の鈴木です。

 

鈴与の自社WMS(倉庫内管理システム)は正確で迅速な物流サービスを実現する為の基本機能が充実していると評価頂くことが多く、新しい機能も都度リリースされています。

 

そこで今回は、ファインワインセンターで新たに導入した「音声認識ピッキング」についてご紹介します。

 

音声認識ピッキングとは、ロケーションや商品名、数量などの必要な指示を帳票ではなく”音声”で作業者に提供し、作業者は作業結果を声に出して回答することで指示通りの作業が出来ているか照合する仕組みです。システムを導入することで、「ヒト(経験・言語)」を選ばない作業環境を作ることができます。また、アイズフリー・ハンズフリーで作業することができるので、重量物など両手作業が必要な商品(例:ワイン)の作業に向いています。

 

【導入の効果】

①効率化による生産性向上

ペーパーレス化:

帳票を出す、手に持つ、見る、印をつけるなどの作業を省くことが出来ました。

 

“ながら“作業:

作業員は指示を聞きながら、移動しながら回答する、「ながら作業」により作業時間が短縮されました。

 

②ピッキング精度の向上

作業標準化:

このシステムを導入する為、事務や作業フローを見直してすべての顧客の作業手順を統一しました。システムの指示通りに作業を行わないと次のステップに進めない仕様により、担当者が変わっても品質のバラつきがなくなりました。

 

▼音声に従ってピッキングエリアに移動している様子

 

現在は、ピッキングにのみ使用していますが、格納や棚卸など順次作業範囲を拡大していく予定です。

 

鈴与では多様な3PL運用実績により培ったノウハウで、お客様の物流課題を解決できるよう提案して参りますので、お困りごとがございましたら、HPお問い合わせフォームまたはお電話でお問い合わせください。

 

▼ファインワインセンター、ワイン物流サービスの詳細はこちらより

【拠点紹介】大黒物流センター

こんにちは、鈴与の鈴木です。

 

今回の物流センター紹介は、神奈川県横浜市の大黒物流センターのご紹介です。

大黒物流センターは、横浜港流通センター(神奈川県横浜市鶴見区大黒ふ頭)内にあります。

今日は、当センターの3つの特長をお伝えします。

 

特長その1:輸出入に最適な立地

当センターが入る横浜港流通センターは、大黒ふ頭・本牧ふ頭・南本牧ふ頭など最新鋭コンテナふ頭と連結しており、輸入貨物取扱機能の拡大・強化を図ることを目的に整備された日本最大級の施設です。また、総合保税地域の認可施設に指定もされており、輸出入の拠点に最適な施設です。

 

特長その2:機能的な設備

当センターは、施設内の3階および1階にありますが、ランプウエイ(※)を備えているため、3階でも1階と同じように大型コンテナトレーラーの乗り入れ可能で、同じように荷役ができます。また、全天候型24時間利用可能な設計になっているため、雨の日でも大切な貨物を濡らすことなく、センター内に運ぶことができます。

※ランプウエイ…多層階建ての建物において、各階をつなぐ傾斜路のこと

 

特長その3:多種多様な貨物の取り扱い実績

輸出入の貨物を中心に、食品原材料、加工食品、飲料、雑貨、オートパーツ等多種多様な貨物の取り扱い実績があります。また、ラベル貼付等の流通加工や各種検品に作業も行っております。

 

▼横浜港流通センター外観

 

<大黒物流センター 概要>

所在地 :神奈川県横浜市鶴見区大黒ふ頭22

坪数  : 3,300坪

 

大黒物流センターについて、さらに詳細を知りたい方はHPお問い合わせフォーム、またはお電話にてお問い合わせください。

 

その他拠点については、こちらをご参照ください。

【事例紹介】化粧品物流ソリューション事例

こんにちは、鈴与の鈴木です。
先週末は群馬県 館林で32度の真夏日を記録し、全国的にも急に夏が来たような暑さでしたね。

 

今回は、弊社の化粧品会社様向けソリューション提案事例の紹介です。今回ご紹介させていただくお客様である化粧品卸業 A社様は、次の3つの物流課題を抱えていらっしゃいました。

 

①全体的な物流コストを削減したい
②物量が増えているが、これ以上スペースの拡張性がない
③倉庫管理や国内発送、輸出対応が別の業者になっており、窓口業務が煩雑になっている

 

そこでお客様から物流全体像をお伺いさせていただき、実績データを分析した結果、
次の3つのご提案をさせていただきました。

 

①実績データに基づいた最適立地をご提案
現状は関東に拠点を構えていましたが、拠点を静岡に移すことで配送料の削減と、リードタイムの短縮を実現しました。

 

②商材に合わせた保管方法をご提案
現状、平置きで保管されていましたが、ネステナーを使用することで保管効率を上げ、保管スペースの圧縮を実現しました。

 

③鈴与ならではのサービスメニューでご提案
鈴与は物流センター機能や国内輸送だけではなく、国際物流サービスも提供しております。鈴与独自の庫内管理システムを利用した倉庫での在庫管理、国内発送、トラック輸送、輸出入通関業務対応まですべてワンストップでお客様の物流を支えます。

 

弊社ではお客様の課題やお悩みに合わせて、弊社がもつ様々なサービスを組み合わせてお客様毎にオーダーメイドのご提案をさせていただいております。まずはお気軽にお問合せください。

 

その他の事例につきましては、こちらをご参照ください。

 

1 2 3

お問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください

[受付時間]平日9:00〜18:00 [担当]鈴木
矢印