資料請求

資料請求

よくある質問

質問する

お問い合わせ

お問い合わせ

3PL・物流アウトソーシングなら鈴与  
輸送から倉庫保管、倉庫内オペレーション、国際物流までワンストップ対応

HOME> VMIとは?知って得するVMI導入によるメリットをご紹介!

VMIとは?知って得するVMI導入によるメリットをご紹介!

2022年3月31日

商品の販売活動では、安定した利益を生むための1つのポイントとして、製品の適切な在庫管理が挙げられます。

在庫管理においては、製品の販売予測を立てることや、在庫管理に十分な人材を割くことに苦労されているというお悩み・課題をよく聞きます。 

この課題を解決する手段の1つにVMIの導入があります。VMIとはどのようなシステムなのか、また、VMIを導入した場合のメリットや注意点をご紹介していきます。 

VMIとは? 

VMIとは、Vendor Managed Inventoryの略で、日本語ではベンダー在庫管理方式といいます。 

生産に必要な原材料や部材を、仕入れ先から工場へと納品する調達物流において、通常は調達発注内容を決定しています。 

一方、VMIでは、調達側の販売・出荷・在庫データを、ベンダーすなわち、仕入先・納入業者に提供し、ベンダーが原材料や部材の需要を予測して発注内容(納品する部材や数量)を決定します。 

 

通常は、調達側が商品の売れ行きに応じて原材料や部材の在庫管理や発注(補充)を自ら行いますが、ベンダーが調達側に代わって在庫管理や発注(補充)を行うのがVMIです。

 

VMI導入のメリットと注意点

VMIは自動車、電機、小売業界で広く運用されていますが、最近では食品業界においても多く導入されるようになってきました。では、なぜわざわざベンダー調達側に代わり、自ら在庫管理や発注(補充)を行うのでしょうか。

調達側、ベンダー双方にとってのメリットと注意しなければならないポイントをまとめました 

 

■VMI導入のメリット 

➀発注内容のやり取りにかかる労力削減 

調達側にとって発注業務だけではなく棚卸・在庫管理などの業務管理を軽減することができるというメリットがあります。

一方で、ベンダーは調達側から共有された販売データを確認して、ベンダー自身が発注量を決めることができるので、調達側・ベンダーの間で発生する発注内容の確認など、細かなやり取りの手間を減らすことができます。

連携不足により発生した発注ミスが原因で、必要な原材料や部材が届かない、といったリスクも減らすことができるでしょう。 

 

➁効率的な在庫管理 

調達側とベンダーが販売データを共有することにより、ベンダーはリアルタイムにデータ分析ができるので、需要予測が立てやすくなります。結果、必要な時に必要な量を発注することができるようになり、無駄な在庫が削減され、在庫管理を効率的に行えるようになるでしょう。 

また、予測していなかった急な出荷などにもすぐに対応できますので、調達側は原材料や部材不足による販売機会の損失を防ぐことができるというメリットもあります。 

 

■VMI導入の注意点 

➀調達側の入庫対応の煩雑化 

VMIでは、ベンダーが在庫管理を行いますので、各種ベンダーの部材が入庫するのは、ベンダーそれぞれのタイミングになります。都度入庫対応が必要になり、非効率になる可能性があります。

 

➁調達側の情報共有の複雑化 

調達側とベンダーが情報共有をするにあたり、効率的にデータ連携ができないと、データの活用が上手くいかず、双方にとって不利益です。特に調達側は各ベンダーごとにデータ共有が必要であり、ベンダーの数が多ければ多いほど複雑となり、手間がかかります。 

 

➂ベンダーの在庫管理の業務増大 

調達側に代わって発注業務を行うことは、在庫管理に慣れていない、または、在庫管理に割く人員が不足しているベンダーにとっては、業務負担が大きくなってしまう場合もあるでしょう。また、調達側の企業が次々とVMIを導入すると、ベンダーは調達側の企業毎に在庫管理や倉庫設計をする必要がありますから、管理が煩雑になってしまう可能性があります。 

 

④ベンダーの投資やコスト増加のリスク 

VMIでは、ベンダーが調達側に代わって、原材料や部材の在庫管理や保管を行います。ベンダーが自社の倉庫で、在庫管理や保管ができなくなった時に、新たに倉庫を準備する必要性も出てくるでしょう。倉庫の設立という大きな投資が必要になる、倉庫スペースを埋めることが出来ず、倉庫の賃料を回収できない、といったリスクが伴います。 

 

鈴与のVMIセンター 

VMI導入による注意点で挙げた課題を解決するには、VMIのアウトソーシングがおすすめです。 

鈴与のVMIセンターは、調達側であるメーカー様の倉庫と隣接している倉庫で、ベンダー様で管理している原材料や製品をお預かりし、効率的な保管や配送を行うなど、メーカー様、ベンダー様双方の課題を解決するサービスです。 

 

ここでは、VMIセンターの利用により、鈴与がご提供できるソリューションをご紹介します 

まず、前述したVMI導入による注意点に対するソリューションです。 

 

➀調達側の入庫対応の効率化 

お客様の工場の近くに倉庫を構える門前倉庫型VMIセンタでは、各ベンダー様の原材料や製品を鈴与でお預かりし、工場に一括でまとめて納品します。調達側は、決まった時間にまとめて入庫対応できるようになり、効率的です。 

  

➁調達側にとって効率的な情報共有 

鈴与の倉庫で保管する各ベンダー様の原材料や部材の在庫管理を一括して行います。データ連携先は鈴与のみになり、効率的なデータ共有が可能です。鈴与のWMS(在庫管理システム) は適切かつ効率的な在庫管理を行うことができる機能もあり、EPRなど各種システムとの連携実績も豊富なため、リアルタイムかつ効率的に情報共有を行うことができるので調達側企業様メーカー様・ベンダー様双方にとってメリットがあります。 

  

③荷姿転換で作業を効率化 

納品先の作業単位の数量に仕分けたり、段ボールの開梱の手間を省き、生産ラインで取り出しやすいようにポリ容器などに入れ替える荷姿転換や、品質を厳しく求められる場合には納品前検品もVMIセンターで対応させていただきます。 

  

④ベンダーの投資リスクやコスト削減 

複数のベンダーの共同物流の拠点として鈴与のVMIセンターを導入することで、倉庫の新設という投資の必要もなくなります。また、納品先への配送は、近隣または隣接したメーカー様の倉庫への横持ちのみなるため、配送料金の大幅な削減が可能です。 

 

その他にも下記のようなソリューションをご提供することが可能です。 

 

⑤リードタイムの短縮 

時間指定が厳しい遠方の納品先を抱えている場合、納品先の近隣にサブデポ型のVMIセンタとして納品先の近くに小型の物流拠点を構えることで、納品までのリードタイムを短縮できます。遅延などの心配がなく、安定したリードタイムを維持できます。 

  

⑥梱包の手間を削減 

鈴与は段ボールではなく、通い箱(オリコン)を使用したのご提案も可能です。近隣のVMIセンターであればトラック輸送時のように、大きな振動に備えた厳重な梱包は必要ありません。納品先での入荷時も開梱の手間が削減されます。 

また、納品後は、通い箱を回収してリユースすることで、コストや環境負荷軽減も実現します 

 

鈴与のVMIセンターのサービス・ソリューションに関して、ご興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

 

▼関連ページ:ABC分析と活用方法~分析データの上手な活用方法

 

▼関連ブログ:適正在庫とは?計算方法と適正在庫を維持する3つのポイント適正在庫

 

鈴与の3PLサービス

輸送から倉庫保管、倉庫内オペレーション、国際物流までワンストップで対応。

お客様に最適なソリューションをご提案いたします。

全国145か所の自社倉庫から最適な倉庫立地をご提案

様々な商材・業種の物流センター運営実績あり

 化粧品/医療機器製造業、食品加工等のライセンスも保有

 柔軟性の高い自社開発の倉庫管理システムの活用

 BtoB/BtoCなど多様な販売チャネルにも対応可能

輸出入の通関業務、国際輸送サービスも展開

お問い合わせはこちら