3PL・物流アウトソーシングなら鈴与  
輸送から倉庫保管、倉庫内オペレーション、国際物流までワンストップ対応

HOME> 輸出入時に注意!化粧品に関わる国際条約

輸出入時に注意!化粧品に関わる国際条約

2018年12月13日

こんにちは、鈴与の鈴木です。

化粧品の輸出入で注意しなければならない点がいくつかありますが、

本日はワシントン条約についてお話をさせていただきます。

 

ワシントン条約とは正式名称を『絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約』といい、希少な野生動植物の保護を目的として、国際的な取引を規制する条約です。条約では、絶滅の恐れの度合いに応じて(規制が厳しいもの)から附属書Ⅰ・Ⅱ・Ⅲと3に動植物が分けて掲載されています。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、化粧品の成分の中にはこのワシントン条約の対象になっている動植物が含まれている場合があります。

 

例えば、私たちにとって身近な植物である「アロエ」は条約の対象となります。「アロエ」と言ってもその種類は多様ですので、まずは含まれているアロエの種類(学術名)を調べてみましょう。アロエは、ほぼすべての種がワシントン条約のⅡ対象(一部、付属書Ⅰに分類)になります。そのため、規制対象のアロエ成分を含む製品を輸入する場合は、輸出国が発行するCITES輸出許可書が必要になります。

 

ただし、アロエの中でも、よく化粧品等に利用されるAloe vera(アロエ・ヴェラ)は規制の対象から除外されています。しかし、同じく化粧品等によく利用されているAloe arborescens(キダチアロエ)は規制の対象になります。このように同じ「アロエ」でも、種によって規制が変わりますので、注意が必要です。

 

他にも、化粧品等に利用されているワシントン条約に該当する可能性のある植物は、「キャンデリラロウ」や「バニラ」等が挙げられます。製品の輸出入の際には、含まれている成分を確認しないと、知らず知らずのうちに条約違反をしてしまう可能性があります。

 

ワシントン条約以外にも、商材や国によって、輸出入の際には様々な規制があります。また、輸出入に関わる手続きは多岐にわたり、通関や貿易管理令、現地レギュレーションなど幅広い知識が必要になります。当社には、通関士資格を持った社員(250名以上)がおり、年間17万件以上の通関実績と経験で、お客様の輸出入のサポートをさせていただきます。また、輸出入手配・通関業務だけではなく、国内の物流サービスまで一貫したサービスをご提供させていただきます。

 

関連

鈴与の国際物流サービスについてはこちら

お問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください

[受付時間]平日9:00〜18:00