資料請求

資料請求

よくある質問

質問する

お問い合わせ

お問い合わせ

3PL・物流アウトソーシングなら鈴与  
輸送から倉庫保管、倉庫内オペレーション、国際物流までワンストップ対応

HOME> 物流見直し|物流拠点の見直しでコスト削減!倉庫の最適立地とは?

物流見直し|物流拠点の見直しでコスト削減!倉庫の最適立地とは?

2021年1月13日

物流拠点を見直す時、または新たに物流拠点を検討する際、どのようなポイントに着目して拠点を選定したら良いでしょうか。

今回はコストダウンにも繋がる「物流拠点の見直し」における

見直しのポイントや導入事例、鈴与の最適立地シミュレーションについて取り上げたいと思います。

 

物流センターの最適立地とは

物流コストの70~80%は保管コストと配送コストが占めており、その2つは「物流拠点の立地」が大きく変化します。

物流センターは調達先また納品先のどちらか近い方に構えるのが一般的で、調達頻度・納品頻度や物量を鑑みて、

配送コストをミニマイズできる立地を検討します。

 

また、保管コストの面では立地を選定する上で、エリアごとに坪単価が異なるため、

坪単価を考慮した上で立地選定を行わないと「保管料」のコストアップに繋がってしまう可能性もあります。

坪単価はマンション等の不動産と同様に、立地や建設年数によって金額の相場が異なり、

首都圏や港に近いエリア程高額になる傾向があります。物流拠点の見直しを行う際は、

エリアの相場を確認した上で検討することをおすすめ致します。

 

物流拠点見直しの事例

1)都市部から地方への拠点変更

関東から関西までに約70%の人口が集中しているので、一拠点から全国に配送する場合は物流センターを

日本の中心である東海地方に置くと、配送コストを低減することが出来ることがあります。

スペース規模感によっては都市部よりも坪単価が安価なことから関東に拠点を置くよりも

保管コストを抑えることが可能です。納品リードタイムについても翌日配送エリアはほぼ変わりません。

 

2)BtoB/BtoC倉庫の集約

BtoBとBtoCの出荷対応倉庫が分かれている場合、一括対応ができる拠点に集約することで、

在庫を一元管理することにより横持コストを削減でき、保管スペースの削減や管理業務の効率化に

繋げることができます。その他、国内と輸出など出荷対応拠点が異なる場合も同様に、

拠点を集約することでメリットが得られます。

 

3)東西二拠点化

物流センターを複数構えることによって、配送料の低減、翌日配達エリアの拡大が期待できます。

さらに、昨今台風などの災害による被害を鑑みて、BCP対策としても有効です。

二拠点化にすることでコストアップを懸念される事業者様もいるかと思いますが、

ある一定規模になれば、配送料を抑えられる為、物流費全体を下げることが可能です。

 

4)物流拠点での製造業作業委託

化粧品や医薬部外品などの商材においてライセンス下での製造作業が発生する場合、

製造業ライセンスを取得している物流拠点を選択することで、

保管、製造、配送までワンストップで委託できます。発送拠点と加工委託先が分かれている場合、

集約することで無駄な横持コストを削減できます。

 

鈴与の最適立地シミュレーション

鈴与では、全国145ヵ所、総面積約30万坪の物流センターの中から、

当社独自のシミュレーションシステムを使用し、お客様事に最適な物流拠点の検証を行っています。

 

鈴与の倉庫ネットワーク

鈴与では全国145ヶ所以上の物流センターより最適な立地を選定し、高品質な入出荷作業、

庫内オペレーション、配送提案にいたるまで一貫したサービスをご提供します。

鈴与の最適化提案

お客様の物流課題を解決する提案だけでなく、物流全体を見える化し、顕在化している

物流課題に対してご提案から改善まで全て鈴与が対応します。

 

 

 

最適立地シミュレーションは以下の4ステップでご案内しております。

STEP1:現状の物流体制のヒアリング

お客様の物流体制についてヒアリングをさせて頂き、試算範囲の確認を行います。

 

STEP2:最適立地シミュレーション

当社のシミュレーションシステムを利用し、全国210都市から最適な立地を検証します。

一拠点、二拠点体制それぞれのシミュレーションが可能です。

 

STEP3:リードタイムの検証

物流拠点の場所が変わることによる、リードタイムの変化についても検証します。

 

STEP4:コスト試算と立地提案・評価

最適立地シミュレーションの結果に基づき、当社センターを利用した場合のコストを試算します。

 

導入事例はこちら

最適立地シミュレーションにご興味のある方はお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。

 

また保管コストや配送コストの削減を検討する上で、こちら「物流拠点の見直し」は重要なポイントとなりますが、

その他にも、作業料やシステム料など、見直しの際に注意したいポイントがございますのでこちらの記事も是非ご覧ください!

 

物流コストを見直しませんか? ~コスト削減のポイント~

物流コストが気になる方必見!倉庫の保管料ってどう計算するの?