資料請求

資料請求

よくある質問

質問する

お問い合わせ

お問い合わせ

3PL・物流アウトソーシングなら鈴与  
輸送から倉庫保管、倉庫内オペレーション、国際物流までワンストップ対応

HOME> 物流アウトソーシング開始までの7つのステップとは?
物流アウトソーシング開始までの7つのステップ

物流アウトソーシング開始までの7つのステップとは?

2021年10月11日

鈴与の3PLサービスでは、物流のお役立ち情報をまとめた資料をダウンロードできる、資料ダウンロードページを開設いたしました!

誰でも無料でダウンロードができますので、物流に課題を抱えていらっしゃる方や、鈴与の物流サービスにご興味のある方は、ぜひお気軽にダウンロードください。

 

>>資料ダウンロードページはこちら<<

 

今回は、掲載資料のうち「はじめて物流アウトソーシングを検討する方へー物流アウトソーシングの手引き」の資料をご紹介します。今後さまざまな資料を追加していく予定ですので、ぜひご確認ください。

物流アウトソーシングのメリットとは

本題に入る前に、そもそも「物流アウトソーシングとは何か」「物流アウトソーシングにはどのようなメリットがあるのか」について説明します。

 

物流アウトソーシングとは?

「物流アウトソーシング」とは、物流業務をアウトソースすること、つまり、物流に関する業務を物流専門業者(3PL 業者)に委託すること、を指しています。

物流に関連する業務とは、商品を荷受けする入庫作業、商品の保管、商品の検品や化粧箱への詰め替え作業、値札貼りといった流通加工作業(流通の過程で商品に付加価値をつけるための加工作業)、商品を納品先へ届ける出庫作業、といったものが挙げられます。

こうした物流に関連する業務を自社で対応するのではなく、物流専門業者(3PL業者)へ委託することが「物流アウトソーシング」です。

 

物流アウトソーシングのメリット

では、物流業務をアウトソースすると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

さまざまなメリットがありますが、ここでは以下3つを挙げています。

 

①物流コスト削減(コストの変動費化)

自社で物流業務を行う場合、物流業務に従事する作業人員や、商品を保管するスペースを固定で持っておく必要があります。物量が少なくなった場合、すぐに人員を削減したり、スペースを縮小したりことはできません。一方で、物流業務をアウトソースすると、物量の増減に合わせて人員やスペースを調整することができます。物流費が変動費化することにより、物流コスト削減につなげることができます。

 

②コア業務により注力できる

商品を販売している方にとっては、セールス活動やマーケティングといった業務に注力して販売を伸ばし、事業を拡大していくことが大きな目標でしょう。物流業務はコア業務・注力したい業務ではありません。物流業務をアウトソースすれば、これまで物流業務に従事していたスタッフをセールス活動やマーケティングといったコア業務に充てることができ、より販売活動・事業拡大に注力することができます。 

 

③物流品質の向上

物流専門業者(3PL業者)は、物流に関するノウハウをたくさん持っています。これまでの実績や経験を活かして、生産性や品質向上のための取組み(物流動線や保管方法の改善、作業手順の見直し・改善、機械化の推進、等)を行っています。自社ではなく、専門業者に物流を任せることによって、物流品質の向上を期待できるでしょう。

 

物流アウトソーシングの開始までの流れ:7つのステップ

「物流アウトソーシングをしたい、これから物流アウトソーシングを検討していく」という方が最初に直面するのは、「何から始めて良いか分からない、、」 「物流アウトソーシングってどうやって進めていくの?」といったお悩みではないでしょうか?

 

物流アウトソーシングを開始するまでには、以下大きく7つのステップがあります。

 ①初回面談

 ②物流データの分析

 ③見積・提案

 ④倉庫見学

 ⑤成約・契約書の締結

 ⑥移管準備

 ⑦業務開始

 

まずは、この7つのステップを覚えておくと、業務開始までの流れを把握することができ、アウトソーシングの検討を進めやすくなるでしょう。

各ステップにおけるポイント・注意点については資料にまとめておりますので、ぜひご確認ください。

資料:物流アウトソーシングの手引き

 

物流アウトソーシング検討における4つのポイント

物流アウトソーシング開始までの流れを把握したあとは、その流れに沿って検討を進めていくかと思いますが、その際にぜひ注意していただきたいポイントがあります。

 

 ①○○や○○を明確にする

 ②委託する○○○○・○○を決める

 ③○○○○○を確認し、準備する

 ④スケジュールを決める

 

4つのポイントの答えはこちら

 

アウトソーシング検討を進める際には、1つの業者だけでなく、複数の業者から提案・ 見積をもらい、そこから選定していくことになるでしょう。は、複数業者から自社に合った業者を選ぶ際に重要になるポイントです。

また、については物流業者から的確な見積を取得するためにぜひ確認していただきたいことです。

 

物流アウトソーシング検討における4つのポイントは、

資料「はじめて物流アウトソーシングを検討する方へー物流アウトソーシングの手引き」に詳しく記載しておりますので、気になる方はぜひダウンロードください。誰でも無料でダウンロードすることができます。

資料:物流アウトソーシングの手引き

 

 

鈴与ではお客様のあらゆる物流課題やニーズにお応えできるよう、さまざまなご提案を実施しておりますので、物流にお悩みを抱えている方、物流アウトソーシングを検討している方はぜひ一度お問い合わせください。

 

 

関連ブログ:物流コストが気になる方必見!倉庫の保管料ってどう計算するの?

物流コスト