3PL・物流アウトソーシングなら鈴与  
輸送から倉庫保管、倉庫内オペレーション、国際物流までワンストップ対応

HOME> 国際輸送に必要な手続きって何?

国際輸送に必要な手続きって何?

2020年6月4日

危険物、化粧品、ワシントン条約等関連法令が発生する貨物など、海外から商品を輸入する際または
海外へ商品を輸出する際にどのような手続きが必要になるのかご存知でしょうか?
この分野については、よほど専門的に行っている方以外はご存知ないかと思います。
今回は貨物を輸出する際の通関業務の流れ、通関手続きで必要となる書類、輸出代行業者に依頼した場合、
どのような対応をしてもらえるのか見ていきましょう。

 

そもそも通関業務って何?
通関業務を簡単に言うと『輸出入に関わる業務』で、貿易を行う際に必要になる業務です。
輸出入の際には行政へ必要な手続きと申請が必要で、税関で適切な検査を受けないと密輸になってしまいます。
また、書類上の不備や虚偽の申請も許されません。輸出入に必要な関係書類を自社で作成することもできますが、
一定の知識がないと正確な書類の用意は難しいかと思います。そこで助けになるのが専門的な知識を持った通関
業者で、時間をかけることなく適切に処理してくれます。
通関業務はペーパーレス化の電子手続きが主流になってきており、NACCSという通関業者専用システムを利用します。
さまざまな側面を考慮に入れて、通関業務は通関業者の力を借りた方がスムーズに進みます。
鈴与の通関サービス

 

輸出通関業務の流れとは?
輸出通関業務のおおまかな流れとしては、
1.保税エリアへ搬入
このエリアは輸出許可を受ける前に貨物を保管する場所で、その名のとおり税金がかかる前の状態です。
2.貿易書類の作成
通関業者は書類をもとにして輸出申告書を作成して、税関に提出します。
税関は書類の不備や内容に虚偽がないかを確認して、問題がなければ輸出許可書を発行します。
3.船への積み込み
税関から発行された輸出許可書を船会社に渡すと、貨物の積み込みを行うことができます。

これで一連の輸出通関業務が終了して、貨物は輸出先に搬送されます。
*貨物が積み込みされる際に、船会社から船荷証券が手渡されます。
この証書の取り扱いは非常に重要で、輸出先が荷物を受け取る際に必要な書類となります。

 

輸出通関に必要な書類とは?
商品を輸出する場合、通関業者に提出しなければならない書類があります。
1)インボイス
(コマーシャルインボイス、仕入書、商業送り状とも呼ばれます)
これは貿易取引の内容を税関に説明するためのものです。
貨物の品名、種類、数量、価格、代金支払方法、荷送人や荷受人の住所・氏名・名称などが書かれていなければなりません。
2)パッキングリスト(梱包明細書とも呼ばれます)
これは輸出される貨物が、どのように梱包されているかを説明する書類になります。インボイスを補完するもので、
貨物の個数、梱包後の重量、容積等が書かれていなければなりません。
3)シッピングインストラクション
(船積指示書とも呼ばれます)

これは荷送人が通関業者へ船積みを依頼する時に提出する書類で、
通関依頼の際にインボイスやパッキングリストと一緒に提出します。
また、初めて荷送人が通関業者へ依頼する場合に限り、通関業務の委任状が必要になります。

 

輸出通関代行業者に依頼するメリットとは?
商品を輸出しようとする際に必要な手続きとして、以下事項が挙げられます。
1)税関で輸出の許可を得ること
2)船などの輸送手段の確保
3)輸出先での配送手段の確保
4)厚労省など所管官庁への手続き *貨物の内容による

個人が直接これらの手続きを行うことは大変で、専門的な知識が無ければほぼ不可能です。

そこで、活用されるのが、フォワーダーと呼ばれる仲介業者です。
自らのネットワークで輸送手続きを行い、世界各国の法体系に精通して通関手続きを行ってくれます。
また、業者によって船によるコンテナ輸送や航空機による航空輸送、更に、輸送が得意な業者、通関が得意な業者など
さまざまなスタイルがあります。
輸出する貨物の物量が少量の場合、クーリエという集荷・通関・輸送・配達を一括して行う国際宅急便も選択肢として
挙げられます。

 

輸出通関代行業者に依頼するデメリットとは?
輸出通関代行業者に依頼する場合に忘れてはならないデメリットが、個人では依頼できないということです。
通関代行業者は税関の許可を得て業務を行っています。
公的な立場の業者とも考えられるので、個人の依頼は断られる可能性が大きいです。理由としては、

・きちんと支払ってくれるかという金銭的なリスク
・違法な貨物の通関をさせられないかという法的なリスク

リスクを防ぐため、一般的には信用のある会社しか相手にしてくれないのです。
他にも業務委託の費用が発生するというデメリットがあります。
法外な費用ではありませんが、通関の費用と、取扱の手数料等は発生します。
ただ、費用に関しては、諸費用が圧縮できたり、時間的な手間が省けたりするので、
トータルで考えるとコスト削減に繋がります。

 

輸出入手配のご依頼・ご相談等ございましたら、お気軽にお問い合わせフォームまたはお電話(03-6404-8989)にて
お問い合わせください。弊社サービスの詳しいご案内させていただきます。

お問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください

[受付時間]平日9:00〜18:00