資料請求

資料請求

よくある質問

質問する

お問い合わせ

お問い合わせ

3PL・物流アウトソーシングなら鈴与  
輸送から倉庫保管、倉庫内オペレーション、国際物流までワンストップ対応

HOME> 化粧品の保管に必要な危険物倉庫とは?

化粧品の保管に必要な危険物倉庫とは?

2020年2月13日

 

今回は化粧品に関わる危険物倉庫について取り上げてみます。

一定量以上の危険性のある物質を有する製品は、一定の要件を満たす危険物施設以外の場所では保管、取扱い、

輸送することが出来ません。危険物に該当する製品を輸出入する際、国内倉庫で保管する際、

航空便を利用する際には注意が必要です。危険物に関連する法律は総務省/消防庁が管轄する消防法

国土交通省が管轄する海上法、航空法にて定められています。

 

1.危険物にはどのような種類があるの?

ではどのような物質が危険物に該当するのでしょうか。

アルコール、オイル、アセトン、エアゾール etc.

製品の成分容量によって危険物に該当するか否かは決まり、消防法上の危険物かの判断は消防庁のHPから

フローチャート分類で確認することができます。また、国際輸送上の分類はSDSUNコード欄を確認するとわかります。

*SDS(Safety Data Sheet)/安全データシート;化学物質の危険有害性情報を記載した文書のこと

 

2.危険物倉庫ってなに?

危険物倉庫は「消防法」によって定められている「危険物」とされるものを保管する施設を指します。

消防法では危険物を扱う施設について大きく分けて3種類あります。危険物倉庫はこの3つ目の「貯蔵所」にあたります。

  • 製品を製造する「製造所」
  • ガソリンスタンド、車のオイル販売店などの「取扱所」
  • 危険物倉庫、タンクローリーなどの「貯蔵所

危険物を扱う倉庫を使うためには、法律に従って施設の設備や管理者などを整備したうえで、消防庁もしくは

他の定められた機関に貯蔵・取扱の種類数量を申請し、許可を得る必要があります。各市町村などの条例や規則で

定められている場合があるので施設の消防署へも確認が必要です。

鈴与は全国に拠点を構えていますが、静岡などに危険物倉庫を所有している拠点があります。

 

3.化粧品でも危険物にあたる製品があるって本当?

一般的な化学物質同様、化粧品も法令上の危険物に該当する可能性があります。例えば化粧品の原材料の

いずれかが以下の例に該当する場合、化粧品(製品)そのものも危険物として規制の対象となります。

 

「それ自体は燃焼しないが、他の物質を強く酸化させる酸化性固体」、「火炎により着火しやすい固体」、

「比較的低温(+40℃未満)で引火しやすい可燃性固体」、自然発火性物質、禁水性物質、引火性液体、

自己反応性物質、酸化性液体など様々な種類があります。

 

具体的なカテゴリですと、

・香水、ネイル、クレンジングオイル、ヘアオイル(アルコールやオイルを多く含むもの)

・除光液(アセトン製品)

・スプレー缶(エアゾール製品)

などが挙げられます。

 

驚いたのは我々が毎日のように使っている化粧品も危険物に該当するものがあるということです。

もちろん製品を使用することで、我々の肌に危険というわけではありませんが、製品の保管時には

規制対象物質に対する保管基準を満たした危険物倉庫を利用する必要があることを覚えておいてください。

 

関連ページ

▼鈴与の化粧品物流サービス

▼化粧品物流サービスの関連ブログ