資料請求

資料請求

よくある質問

質問する

お問い合わせ

お問い合わせ

3PL・物流アウトソーシングなら鈴与  
輸送から倉庫保管、倉庫内オペレーション、国際物流までワンストップ対応

HOME> 健康食品の市場規模/EC・通販の注意点とは?

健康食品の市場規模/EC・通販の注意点とは?

2021年5月24日

コロナ禍による健康意識の高まりから、手軽に摂取ができる「健康食品」の需要が高まっています。

店舗での対面販売が難しい昨今では、事業者側でも参入へのハードルが低い、健康食品の単品通販に関心が寄せられています。

今回は、そんな「健康食品」の定義や、市場規模、参入の注意点について取り上げてみたいと思います。

健康食品とは?

まず「健康食品」の定義を確認してみましょう。

日本では健康食品の法律上の定義は無く、『広く健康の保持増進に資する食品として販売・

利用されるもの全般』を指します。「サプリメント」「栄養補助食品」「栄養強化食品」「健康飲料」などの

名称でも親しまれていますが、どれも法令上の定義はありません

健康食品を、国が定めた安全性や有効性に関する基準等を満たすか、という観点で分類すると、

以下のように区分されます。

 

1 保健機能食品   

    1-1. 特定保健用食品

           通称「特保/トクホ」 

          生理学的機能などに影響を与える保健機能成分を含む食品で、消費者庁長官の許可を

          得て特定の保健の用途に適する旨を表示できる食品

    1-2. 栄養機能食品

           人の生命・健康の維持に必要な特定の栄養素の補給のために利用されることを目的とし、

           科学的根拠が充分にある栄養機能について表示することができる食品

    1-3.機能性表示食品

          特定保健用食品と同様に保健機能を表示することができるが、消費者庁長官の個別の許可や

          個別の審査は行われず、消費者庁へ「届け出」を行われている食品

 

2 その他健康食品

  サプリメント、栄養補助食品、健康補助食品、自然食品

 

健康食品の市場規模ってどれくらいあるの?

株式会社矢野経済研究所の調査によると、2020年度はメーカー出荷金額ベースで8,680億1,000万円

見込んでおり、2019年度の8,623億円を上回り(前年度比0.7%増)ました。

2020年度は、コロナ禍による健康志向の高まりや、ダイエット関連商品の人気により、

ビタミンなどの機能性食品や、プロテインなどの商品の需要が伸びたようです。

健康食品の中でも、「機能性表示食品」はメーカー出荷金額ベースで、2020年度は2,843億4,000万円と、

2019年度の2,542億8,000万円を大きく上回り(前年度比11.8%増)、市場の拡大が続いています。

 

 

健康食品をEC・通販で販売する際の注意点とは?

それでは、健康食品をEC・通販で販売するにはどのような点に注意したらいいでしょうか。

ここではポイントを3つ紹介していきます。

 

健康食品に関連する法令の確認

健康食品を通販で販売する前に、まずは取扱いに関する法令を確認しましょう。

健康食品は、あくまで食品の一分類のため、製造から表示事項まで「食品衛生法」の

規定を守らなくてはいけません。

その他にも、食品の表示に係る規定を一元化した「食品表示法」、

誇大・虚偽の表示を厳しく規制する「景品表示法」、

通信販売業者が守るべきルールを定めた「特定商取引法」等、様々な法令が関係してきます。

具体的な内容については、厚生労働省や各地方自治体の福祉保健局等のHPで案内がありますので、

そちらで最新情報をご確認ください。

 

魅力的なECサイト制作

続いて、販売戦略に基づいたECサイトの制作がポイントです。

自社の健康食品ターゲットに合ったサイトデザインはもちろんのこと、商品を魅力的にアピールする写真、

他社との違いを明示した商品情報、購入に至りやすいサイト動線の設計等、ユーザー目線にたって、

サイトを制作することが重要です。

サイトリリースに合わせて、集客のための最適なWEB広告の出し方も同時に考えていく必要があります。

 

▼鈴与の通販フルフィルメントサービス

 

戦略的ECサイトの構築も鈴与におまかせください!ECサイトの立ち上げやリニューアルサイト制作を行います。

自社ECサイトはもちろん、楽天市場やYahoo!ショッピング等のモールサイトもおまかせください。

 

最適な物流パートナーの選定

最後に重要なのは、資産である商品を、適正な品質下で在庫管理し、お客様に確実に商品をお届けするための

物流パートナーを選ぶことです。

健康食品は「賞味期限管理」が必須条件であり、システム上で管理し、トレースができる在庫管理システム

管理されていることが理想的です。カプセルや粉状の商品であれば、「温度管理」が必要になってくるケースがあるかと思います。

また、セールやキャンペーンなどのイベント時に出荷が増えた時にも、対応が出来る体制が整っていることも、

選定のポイントとして確認しましょう。

 

▼鈴与の通販物流サービス 

 

弊社では、各センターの作業員を柔軟に調整して、急激な物量増加にも対応しています。

貴社にとって貴重なお客様へご満足いただけるよう、確実にできるだけ早く、

お客様の元へ商品の発送を行います。

 

▼鈴与の物流システム

鈴与では、独自に開発した倉庫管理システム( WMS)「Cargo Master」によって、

賞味期限の在庫管理や入出荷実績管理が可能です。

鈴与WMSの情報をリアルタイムで閲覧できる「SIIS(Suzuyo Inventory Information System)」を

ご利用頂くことで、貴社でも在庫情報や受払情報をWeb上でご確認頂けます。