3PL・物流アウトソーシングなら鈴与  
輸送から倉庫保管、倉庫内オペレーション、国際物流までワンストップ対応

HOME> 倉庫管理に利用されているシステムとは?

倉庫管理に利用されているシステムとは?

2020年5月13日

今回は、倉庫管理WMS(倉庫管理システム)について取り上げてみます。
普段オンラインで注文する商品や店舗で購入する商品の在庫の多くは、倉庫で管理されていますが、

『倉庫管理』とは実際にどういう作業が含まれるのでしょうか?

さらに、倉庫内での業務をシステム管理するために『WMSでは何ができるのか』

『WMSで管理するメリットはどのようなものがあるのか』について考えてみましょう。

 

1.倉庫管理とは?
倉庫管理とは、倉庫で行う業務全般を指しており、倉庫内での作業(荷役)だけでなく、

貨物の品質保全、情報処理、輸送の計画・管理、人員配置、設備管理などもあります。

さらに倉庫内に限っての在庫管理も倉庫管理に含まれます。主な業務として入荷と出荷があります。
入荷:倉庫内に到着した貨物を荷卸し、入荷された製品などと伝票との照合、検品、アイテム別に
仕分けをし、在庫として倉庫内の保管場所に格納されること
出荷:出荷指示のあった製品などを倉庫内の保管場所からピッキングし、検品、梱包、を経て商品が
倉庫外へ出されること
倉庫管理ではこれら倉庫内での業務をトータルで効率化することが重要です。
鈴与の高品質サービス

 

2.WMS(倉庫管理システム)ってなに?
WMS(Warehouse Management System)とは、原料や製品などが倉庫に入荷してから出荷するまでを

トータルに管理できるシステムです。このシステムの利用により、生産性の向上、出荷作業ミスの軽減、

作業の標準化、情報管理の精度向上などに繋げ、倉庫管理の効率化を図っています。
鈴与WMSの基本機能としては、入荷管理機能、在庫管理機能、出荷管理機能、

棚卸管理機能、納品書等帳票・ラベル発行機能など、多様な機能が備わっています。
サプライチェーンマネジメント(SCM)を推進する鈴与の物流システム

 

昨今では、インターネット通販の拡大により、物流サービスにおいて、

かつてないほど多くの「モノ」を扱うようになりました。

また、企業の合併や買収により、一つの倉庫で業種の異なる複数の製品の取扱いや

海外からの輸入品を取り扱うケースも増えてきました。倉庫にてこれらの多種・多様・多量な製品を

正確に効率よく管理することは倉庫スタッフにとっても負荷が大きく、また各人の能力によって対応できる

範囲も異なります。オペレーションミスを軽減しつつ、倉庫管理をより効率的に行う上で

WMSは必要不可欠なシステムであると言えます。

 

3.WMSの導入メリットとは?
WMS導により、以下の3つのメリットが挙げられます。
システム活用による迅速な対応
システムでの情報管理により、倉庫内で該当の荷物のある場所がすぐに検索でき分かるように

なっているため、在庫の有無、数量確認を迅速に行えるということがあります。
作業品質の向上
WMSでは、入庫日だけでなく、賞味期限・消費期限の古いものから出荷することも可能で、

製品の品質管理の効率化につながります。また、バーコードを用いてデジタルチェックを行うので、

人為的なミスを最小限に抑えることができ、入荷時の在庫計上ミス、誤出荷を防ぐことにもつながります。
業務の標準化
これまで倉庫内の入出荷作業や在庫管理の品質は、熟練した経験者の知識や指導能力に左右されていました。

 

しかし、WMSを導入することによりシステムがオペレーターの業務をサポートしてくれるため、

不慣れなスタッフでもスムーズに業務を遂行できます。また、荷主もリモートでリアルタイムに在庫状況などが

把握できるようになります。
このように、WMSを活用することで、倉庫内での業務効率化を図ることが可能です。

鈴与では共通の自社開発したWMSを使用して倉庫管理を行っている倉庫が日本全国、海外に所在しております。
鈴与の物流拠点

 

在庫管理や業務の効率化などでお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせフォームまたは、

お電話(03-6404-8989)にてお問い合わせください。 弊社サービスの詳しいご案内させていただきます。

 

▼関連ページ
3PLホームページ

お問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください

[受付時間]平日9:00〜18:00