資料請求

資料請求

よくある質問

質問する

お問い合わせ

お問い合わせ

3PL・物流アウトソーシングなら鈴与  
輸送から倉庫保管、倉庫内オペレーション、国際物流までワンストップ対応

HOME> 世界的なコンテナ不足と海上運賃の高騰はなぜ起きているのか?

世界的なコンテナ不足と海上運賃の高騰はなぜ起きているのか?

2021年7月5日

昨年末から続くコロナ禍の影響により国際海上輸送のコンテナ不足、輸送遅延が問題となっています。

今回は、いまもなお続く、課題の現状についてその背景をお伝えしていきます。

 

空コンテナが不足する要因はなにか?

世界的なコンテナ不足の原因は、新型コロナウイルスの蔓延が発端となっていますが、

複数の要因が重なり、各国に連鎖して、長期的な問題となっています。

 

①新規コンテナ生産量の低下

世界のコンテナ生産の約98%は中国で行われていますが、2019年は米中貿易摩擦による

荷動きの低下が懸念され、コンテナ生産量が前年比40%減と縮小傾向にありました。

2020年に入っても、上半期はコロナ禍の先行き懸念や工場の生産能力の低下により、

生産量は前年比25%減、依然として縮小傾向が続きました。

 

②輸入港での荷役作業の停滞

貨物の入ったコンテナは、一般的には輸入地への到着から14日間以内に中の貨物を取り出し、

空のコンテナを返却する必要があります。

2020年に発生したコロナウイルスのパンデミックにより、世界各国での都市封鎖の実施、

感染拡大による港湾作業員の不足によって、コンテナ貨物が港湾に滞留しました。

海運会社もコンテナ船を減便させたため、空のコンテナも港に留め置かれ、

輸出地でコンテナが不足する事態となりました。

 

③中国経済の回復による輸出量増加

中国では、2020年の前半には経済活動が停滞したものの、後半には自動車、機械などの生産が

他国に先駆けてV字回復しました。一方、北米や欧州等の地域では、感染拡大による生活用品等の

生産に影響が出たことや、巣ごもり消費の増加により、中国から欧米向けへの輸出は

例年を上回る量に達していきました。その結果、急増したコンテナ物量と、

コロナ禍による港湾作業員不足によって、コンテナ船の処理が追いつかなくなり、

欧米でのコンテナ滞留、港湾混雑が発生し、世界の主要港に連鎖していったのです。

 

コンテナ不足が続くと、どんな影響があるの?

コンテナ不足により、ビジネスや生活へどのような影響があるのでしょうか?

 

①国際物流での輸送遅延

コンテナ不足により、各方面へのコンテナのブッキングが困難な状況にあり、地方港では

コンテナ船が欠航となる事態も起きています。特に、北米西岸の港湾や欧州湾岸では、

港湾の混雑により、荷役にあたり通常の2倍程度の時間がかかっているようです。

 

②物流費高騰による商品の値上げ

2020年後半から、コンテナ不足による海上運賃が高騰し、スポット運賃は2~6倍まで

跳ね上がっている状況です。また、①にあげた海上での輸送遅延を懸念して、

航空輸送へのシフトも起きているため、航空輸送の運賃も同様に高騰しています。

このような国際輸送費の増加により、企業の売上高物流費も上昇するため、

商品の値上げを検討する状況になりかねません。

 

企業は、このような状況に対して、海上輸送以外での輸送手段の活用(鉄道・航空・陸送)

適正在庫の見直しコンテナの共用や混載コンテナの利用などの対策で、当面の難局を打破して

いく必要があります。

 

鈴与の国際物流サービス

総合物流会社である鈴与では、全国の主要港での通関業務や輸出入業務から、

国内における配送手配、倉庫内業務をワンストップで対応いたします。

輸出入の貿易情報の管理ができるシステムを開発・提供していますので、

煩雑な手続き・管理業務からも解放されます。

鈴与の国際物流

輸出・輸入対応されている方必見!業務面・マネジメント面を見直しませんか?

 

また、鈴与は日本7大港の1つである清水港を拠点に、全国で初めて「24時間・364日」の

荷役サービスを提供したパイオニア企業。

新たに清水港を利用したコンテナ貨物の荷主企業に向けての助成制度があります。

日本の中心地である静岡県 清水港への変更を一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

清水港を利用しませんか?新たに清水港をご利用される荷主企業様を助成します

お問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください

[受付時間]平日9:00〜18:00