資料請求

資料請求

よくある質問

質問する

お問い合わせ

お問い合わせ

3PL・物流アウトソーシングなら鈴与  
輸送から倉庫保管、倉庫内オペレーション、国際物流までワンストップ対応

HOME> トータルピッキングとシングルピッキングはどう違う?

トータルピッキングとシングルピッキングはどう違う?

2021年4月28日

「トータルピッキング」「シングルピッキング」という言葉をご存知でしょうか。

今回は倉庫で使われているこの二つの物流用語についてご紹介します。

 

ピッキングとは

「ピッキング」という言葉については既にご存じの方も多いかもしれませんが、簡単に説明すると

出荷オーダーに従って、保管されている場所から該当の商品を選んでオーダー指示分の数量を取ること

を指します。

倉庫での作業手順にブレイクダウンすると、注文ごとの指示に基づいて

商品が置かれているロケーションへ移動→商品を確認 →指示された数量を取る

という一連の動きで、ピッキングする商品が複数種類ある場合は、これらの動きを繰り返していきます。

ピッキングは出荷指示通りに商品とその数量を正しく集める正確性が求められます。

 

ピッキングの種類

ピッキングは大きく分けて2つの方法があり、一つがトータルピッキング、もう一つがシングルピッキングです。

この2つのピッキング方法について詳しくご説明します。

 

トータルピッキング

トータルピッキングは複数受注のピッキングをまとめて行うことです。

商品毎にまとめてピッキングを行い、その後取ってきた品物を受注オーダー毎に仕分けをしていきます。

仕分け、という工程が増えますが、倉庫内で作業員の移動距離・作業時間を効率化できるメリットがあります。

少品種で出荷先が多いお客様に有効です。

当社倉庫では、販促品やサンプル品の出荷をトータルピックで行うケースもあります。

別名として、「総量ピッキング」、「種まき方式」とも呼ばれています。

 

シングルピッキング

シングルピッキングは受注オーダー毎に1件ずつピッキングする方法です。

受注オーダー毎に商品を保管場所から取り出し、そのまま次の検品や梱包工程に作業を移すことができます。

経験の浅い作業員でも比較的対応しやすいシンプルな作業です。

商品を多品種で展開するお客様に対して有効です。

別名として、「オーダーピッキング」や「摘み取り方式」とも呼ばれています。

 

鈴与の倉庫運営

鈴与では全国145ヵ所に拠点を構えており、お客様の販路や出荷形態に合わせた出荷作業を行っております。

ピッキング作業はトータルピッキングとシングルピッキング、どちらかに固定するわけではなく使い分けており、

日々の出荷傾向を見ながらどちらのピッキング方法が効率よいのか当社の現場作業では追求しております。

また、出荷物量が多い場合には機械を導入するなどしてオートメーション化も図っております。

お客様に最適な物流サービスをご提案しますので、是非当社にお任せください。

 

他の物流用語についてもご紹介しておりますので、以下の記事からぜひご確認ください!