3PL・物流アウトソーシングなら鈴与  
輸送から倉庫保管、倉庫内オペレーション、国際物流までワンストップ対応

[受付時間]平日9:00〜18:00 [担当]鈴木
倉庫ネットワーク
作業品質
国内輸送
システム
国際物流
物流
コンサルティング
日用雑貨・
輸入雑貨
食品
ファインワイン
医療機器
自動車関連
化粧品
通販・EC
店舗便サービス
外資系雑貨卸会社様
サロン運営・
化粧品販売会社様
キッチンウェア
輸入販売会社様
HOME> 【拠点紹介】大黒物流センター

【拠点紹介】大黒物流センター

2018年6月12日

こんにちは、鈴与の鈴木です。

 

今回の物流センター紹介は、神奈川県横浜市の大黒物流センターのご紹介です。

大黒物流センターは、横浜港流通センター(神奈川県横浜市鶴見区大黒ふ頭)内にあります。

今日は、当センターの3つの特長をお伝えします。

 

特長その1:輸出入に最適な立地

当センターが入る横浜港流通センターは、大黒ふ頭・本牧ふ頭・南本牧ふ頭など最新鋭コンテナふ頭と連結しており、輸入貨物取扱機能の拡大・強化を図ることを目的に整備された日本最大級の施設です。また、総合保税地域の認可施設に指定もされており、輸出入の拠点に最適な施設です。

 

特長その2:機能的な設備

当センターは、施設内の3階および1階にありますが、ランプウエイ(※)を備えているため、3階でも1階と同じように大型コンテナトレーラーの乗り入れ可能で、同じように荷役ができます。また、全天候型24時間利用可能な設計になっているため、雨の日でも大切な貨物を濡らすことなく、センター内に運ぶことができます。

※ランプウエイ…多層階建ての建物において、各階をつなぐ傾斜路のこと

 

特長その3:多種多様な貨物の取り扱い実績

輸出入の貨物を中心に、食品原材料、加工食品、飲料、雑貨、オートパーツ等多種多様な貨物の取り扱い実績があります。また、ラベル貼付等の流通加工や各種検品に作業も行っております。

 

▼横浜港流通センター外観

 

<大黒物流センター 概要>

所在地 :神奈川県横浜市鶴見区大黒ふ頭22

坪数  : 3,300坪

 

大黒物流センターについて、さらに詳細を知りたい方はHPお問い合わせフォーム、またはお電話にてお問い合わせください。

 

その他拠点については、こちらをご参照ください。

お問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください

[受付時間]平日9:00〜18:00 [担当]鈴木
矢印