3PL・物流アウトソーシングなら鈴与  
輸送から倉庫保管、倉庫内オペレーション、国際物流までワンストップ対応

[受付時間]平日9:00〜18:00 [担当]鈴木
倉庫ネットワーク
作業品質
国内輸送
システム
国際物流
物流
コンサルティング
日用雑貨・
輸入雑貨
食品
ファインワイン
医療機器
自動車関連
化粧品
通販・EC
店舗便サービス
外資系雑貨卸会社様
サロン運営・
化粧品販売会社様
キッチンウェア
輸入販売会社様
HOME> 【システム】庫内作業の品質・生産性向上の仕組み

【システム】庫内作業の品質・生産性向上の仕組み

2018年6月13日

こんにちは、鈴与の鈴木です。

 

鈴与の自社WMS(倉庫内管理システム)は正確で迅速な物流サービスを実現する為の基本機能が充実していると評価頂くことが多く、新しい機能も都度リリースされています。

 

そこで今回は、ファインワインセンターで新たに導入した「音声認識ピッキング」についてご紹介します。

 

音声認識ピッキングとは、ロケーションや商品名、数量などの必要な指示を帳票ではなく”音声”で作業者に提供し、作業者は作業結果を声に出して回答することで指示通りの作業が出来ているか照合する仕組みです。システムを導入することで、「ヒト(経験・言語)」を選ばない作業環境を作ることができます。また、アイズフリー・ハンズフリーで作業することができるので、重量物など両手作業が必要な商品(例:ワイン)の作業に向いています。

 

【導入の効果】

①効率化による生産性向上

ペーパーレス化:

帳票を出す、手に持つ、見る、印をつけるなどの作業を省くことが出来ました。

 

“ながら“作業:

作業員は指示を聞きながら、移動しながら回答する、「ながら作業」により作業時間が短縮されました。

 

②ピッキング精度の向上

作業標準化:

このシステムを導入する為、事務や作業フローを見直してすべての顧客の作業手順を統一しました。システムの指示通りに作業を行わないと次のステップに進めない仕様により、担当者が変わっても品質のバラつきがなくなりました。

 

▼音声に従ってピッキングエリアに移動している様子

 

現在は、ピッキングにのみ使用していますが、格納や棚卸など順次作業範囲を拡大していく予定です。

 

鈴与では多様な3PL運用実績により培ったノウハウで、お客様の物流課題を解決できるよう提案して参りますので、お困りごとがございましたら、HPお問い合わせフォームまたはお電話でお問い合わせください。

 

▼ファインワインセンター、ワイン物流サービスの詳細はこちらより

お問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください

[受付時間]平日9:00〜18:00 [担当]鈴木
矢印