資料請求

資料請求

よくある質問

質問する

お問い合わせ

お問い合わせ

3PL・物流アウトソーシングなら鈴与  
輸送から倉庫保管、倉庫内オペレーション、国際物流までワンストップ対応

HOME> 「専売化粧品の転売問題」どんな対策が出来るのか?

「専売化粧品の転売問題」どんな対策が出来るのか?

2022年4月19日

特定の販売店でしか購入することのできない専売品の化粧品。

メーカーやディーラーと契約を結んだ特定の販売店でしか購入することが出来ないはずですが、実際には通販サイトやフリマアプリ等で多くの商品が販売されています。

専売品の転売は、専売品を取り扱われているお客様や今後お取り扱いを考えているお客様にとっては、販売機会の損失やブランドイメージの低下等大きな問題ではないでしょうか。

 

今回のブログでは、専売品の転売についてご紹介させていただきます。

 

専売品とは?

 

専売品とは、メーカーやディーラーと契約を結んだ美容室・サロン・クリニックや、特定の販売店・販売員を通してのみでしか購入することのできない製品のことです。

市販されている製品よりも、使用の目的が多岐にわたり、配合成分も市販品とは異なるという特徴もあります。

 

例えば、シャンプーであれば市販の製品の大きな使用目的は「洗浄」になると思います。

しかし、サロン専売品の製品は、1人1人の髪の悩みを解決することを目的としており、個人の髪質やカラーリングやパーマの状態も含めて、プロの美容師がお客様に合った製品を提案・販売しています。

 

 

専売品転売の実情

 

本来であれば、美容室やサロン・クリニック等や販売店でしか購入することのできないはずの専売品ですが、

実際には公式ではない通販サイトやフリマアプリ等で多くの商品が販売されています。

 

また、このように転売される場合の多くは正規販売価格よりも安く販売されていることも、専売品を取り扱う側にとっては大きな問題ではないでしょうか。

そして本来必要であるカウンセリングやアドバイス無しで製品が販売されているということは、製品の品質やブランドイメージの低下にも繋がりかねません。

 

 

専売品の転売対策

 

では、どんな対策が出来るのか。

ここでは、鈴与の物流システムを使った転売対策の1つをご紹介します。

 

鈴与のWMS(倉庫管理システム)には製品のロット/シリアル番号をトレース(追跡)する機能があります。

この機能を利用することで、納品先毎にどの製品のどのロット/シリアル番号を出荷したのかということを追跡することが可能です。もし、製品の転売が発覚した場合、どの納品先に出荷された製品なのか追跡が出来るため、転売元を特定することが可能になります。

 

もちろん、このトレース機能は専売品に限ったものではありません。ロット/シリアル番号のトレース機能を活用すると製品の納品先を特定できますので、転売対策以外にも、製品のアフターサービスとして利用(購入後のお問い合わせや部品の交換の際に利用)されているお客様もいらっしゃいます。

 

 

他にも、鈴与ではこれまで多くの専売品のお客様のお取り扱いの実績がございますので、お客様の販売形態や製品に合わせた転売対策のサービスをご紹介いたします。

自社製品の転売にお困りの方や、今後専売品の取り扱いを検討されている方は、お気軽にお問い合わせください

化粧品物流サービスとあわせて、転売対策についてもご提案させていただきます。

 

 

▼関連ブログ:お客様の安心・安全をサポート !期限やロットの追跡管理はできていますか? 

 

▼関連サービス:化粧品物流サービス

 

鈴与の3PLサービス

輸送から倉庫保管、倉庫内オペレーション、国際物流までワンストップで対応。

お客様に最適なソリューションをご提案いたします。

全国145か所の自社倉庫から最適な倉庫立地をご提案

様々な商材・業種の物流センター運営実績あり

 化粧品/医療機器製造業、食品加工等のライセンスも保有

 柔軟性の高い自社開発の倉庫管理システムの活用

 BtoB/BtoCなど多様な販売チャネルにも対応可能

輸出入の通関業務、国際輸送サービスも展開

お問い合わせはこちら